パレートの法則

 

Pareto's Law

 

 

マーケティング関連用語。

ニハチの法則、2:8の法則などとも呼ばれる。

 

具体的には

「全体の中の上位20%の要素が、全体の8割の数値を構成している」

という考え方。

(もともとは所得分布に関する法則だったとされる)

 

 

この法則を発表したイタリアの経済学者、

ビルフレド・パレート(Vilfred Pareto)

がこの法則の名称の由来。

 

 

 

商業分野の商品で言うと、

「人気上位20%の売れ筋商品が、売り上げ全体の80%を占める」

という事。

 

 

 

商業の世界では、この上位20%の売れ筋のみを重視する事が得策とされてきた。

 

 

 

 

国民の所得分布で言うと、

「全体の中の上位2割の富裕層が、国全体の富の8割を構成(独占)している」

という事。

 

 

 

 

 

 

Amazonのロングテール戦略

 

 

全体の中では、2割の売り上げにはならないことになる、

全商品の数の8割を占める死に筋商品(売れ筋商品の対義語)に逆にスポットをあて、

あまり需要がない商品の品揃えを充実させて安定した利益を得ようとする考え方が、

Amazon社のロングテール理論。