マメ(Mame Kurogouchi)

Mame Kurogouchi概要/歴史


 

 

1985年生まれの日本人女性デザイナー・

黒河内真衣子さんという人物が2010年に設立したレディースブランド。

 

メディアでは「マメ(Mame)」と略されて表記される場合が多い。

 

2014年に毎日ファッション大賞という栄誉ある賞の

新人賞を受賞して一躍アパレル業界にて脚光を浴びた。

 

2017年にはFashion Prize of Tokyoという新規創設賞を受賞し、

2018年春からは世界的なファッションショーとして知られる

パリコレクションのプレタポルテ部門に参加し始める。

 

 

当初は公式日程外のオフスケジュール参加であったが、

2019年秋の2020年春夏シーズンからはパリコレクションに公式参加。

 

 

 

MAME(マメ)というブランド名の由来とは?


 

 

某WEBインタビューによると、

黒河内氏自体が

「学生時代から背が小さくて丸いので、マメというニックネームだった」

という事を公言しています。

 

この時点でデザイナーの学生時代のニックネームが

「マメ」であった事が判明。

 

おそらく、このマメというニックネームが由来と思われますが、

「ブランド名の由来は?」

という質問に対して「学生時代のニックネームが由来」と答えているインタビューなどは今のところ見つからず。

 

 

 

MAMEを私服で着用している有名人


mameのターゲット年齢層/実際の顧客年齢層


 

 

公式的なターゲット情報は見つからず。

 

ただし、有名人に関しては

デザイナーと同世代(アラサーあたり)からの人気が高い模様です。

 

 

有名人・一般の傾向を知りたい人はこちら

https://www.instagram.com/explore/tags/mamekurogouchi/

SNSを見る限り、一般層においても20代・30代がメイン顧客層のようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

Mame Kurogouchi 2020 SPRING SUMMER PARIS COLLECTION