Christian Dior(クリスチャン・ディオール)の歴史,ターゲット年齢層,価格帯情報

Christian Diorの概要/歴史


 

 

[LVMH公式情報など参考]

 

 

 

1905年にフランスで生まれた男性デザイナー・

クリスチャン・ディオール氏が、1946年10月に興したブランド。

戦後創業で、19世紀に創業した他の高級ブランドと比べると歴史は浅め。

 

1947年のデビューコレクションでは「ニュールック」と呼ばれる

独特なラインの作品を発表し、一躍世界的な注目を集める。

 

以後、1950年代にパリのトップブランドに成長していたが、

創業者は1957年に死去。

 

その後、イヴサンローラン、マルクボアンなどを経て

1990年代半ばにはジョン・ガリアーノというデザイナーが就任。

その時期にオートクチュール&プレタポルテブランドとしての評価を上げる。

 

ジョン・ガリアーノという人物は

2011年に泥酔してある事件を起こした事で退任。

 

その後、ラフ・シモンズという男性デザイナーを経て、

ヴァレンティノのデザイナーをしていた女性、

マリア・グラツィア・キウリへと再びデザイナー職がバトンタッチされた。

 

 

 

[所属グループ]

ルイヴィトンなどと同様にLVMHグループに所属。

 

 

 

[参加ファッションショー]

  • パリコレクション(オートクチュール部門)
  • パリコレクションプレタポルテ部門)
  • パリコレクション(メンズ部門)・・・・・メンズライン名は「Dior Homme」

 

 

 

ディオールの展開商品と価格帯


 

 

オフィシャルウェブサイト参考

 

 

  • 衣料(プレタポルテ)・・・・・1商品あたり10万円から50万円くらい
  • バッグ・・・・・・・30万円から50万円くらい
  • 香水
  • ファインジュエリー
  • 腕時計
  • 化粧品

 

 

 

 

 

ディオールのターゲット年齢層/実際の顧客層


 

 

ディオールの公式メディアにおいてはターゲット情報なし。

SNSを見る限りでは、世代を問わず全世界の富裕層に愛されている模様。

 

衣料やバッグなどは超高額ながら

香水・化粧品辺りは若い人でも手が届くため、

日本でも20代あたりの若年層の間で人気がある事が判明している。

 

 

 

https://www.instagram.com/explore/tags/クリスチャンディオール/