KENZO(ケンゾー)

KENZO概要/歴史


 

[各種公式情報参考]

 

 

日本人男性の高田賢三氏が創業したブランド。

 

1939年に兵庫県で生まれた高田氏は

地元・兵庫の神戸外国語大学在学中に

東京の文化服装学院という服飾専門学校が生徒を募集していて

男子も受けつけている事を知り、大学を中退して上京し、

文化服装学院に入学。

 

そこでコシノジュンコや松田光弘(ニコル創業者)、

金子功(ピンクハウス創業者)などと共に基礎を学び、

卒業後は東京の某企業にて働き始める。

 

 

しかし、世界的デザイナーである

イヴ・サンローラン氏との出会いなどを経験する中で

フランスに行ってみたいという思いに駆られるようになっていき、文化服装学院の同級生であった松田氏と共に船で渡仏。

 

 

すぐ帰国する事はなくそのままパリに残りたいと思うようになり、

スケッチ画を某有名ファッション誌の編集部に持ち込んだところ、

現地の人々に高い評価を受け、それがきっかけとなってパリに残れる事になった。

 

 

そして、1970年、パリに「ジャングルジャップ」という店を開店し、

1970年代前半からは自身のファーストネームを冠した

「KENZO」というブランドでパリコレクションに参加し始めた。

 

年を追うごとに世界的な評価が高まっていき、

1980年代に入ると世界指折りのデザイナーの一人に数えられるほどに。

 

しかし、1990年代に入るとある問題から経営が傾くようになり、

1993年にはルイヴィトンを中心とするLVMHグループに身売りした。

 

 

その後、ブランドを離れる事なく、

LVMH傘下となったKENZOブランドのデザイナーに留任していたが、

1990年代末に完全にブランドを離脱。

 

 

2000年代に入ると、

イタリア人のアントニオ・マラスへとバトンタッチされ、

マラス氏の退任後は、

2011年にオープニングセレモニーといセレクトショップの

創業者である

  • ウンベルト・リオン
  • キャロル・リム

というコンビが新ディレクターとなった。

(2019年に2人はKENZOを退任)

 

 

 

 

 

KENZO(KENZO PARIS)というブランド名の由来


 

KENZOという、いかにも日本人男性っぽいブランド名。

 

前述通り、1999年にブランドを離脱した創業者、

パリで0から自分のブランドを興した

高田賢三氏(KENZO TAKADA)のファーストネームが、そのままブランド名となっている。

 

 

 

KENZOの顧客年齢層/ターゲット年齢層


 

 

オープニングセレモニーの創業者がディレクターに就任してから

若い世代の取り込みを目指す事になり、

20代くらいあたりからの人気が一気に上昇したといわれる。

 

日本でも、20代・アラサー世代あたりのモデル・タレントの間で人気。

 

 

世界中における年齢層傾向を知りたい場合はこちらから

インスタグラム「#kenzoparis」検索

20代・30代あたりの投稿者による自撮り写真が目立つ。

 

 

SNSでの主な人気商品

  • Tシャツ
  • KENZOロゴ入りキャップ
  • スマホケース
  • スニーカー
  • スウェット(トレーナー)

 

 

 

 

KENZOの商品価格帯


 

 

日本向け公式オンラインストア参考

 

 

  • Iphoneケース=1万円以下
  • キャップ=1-2万円
  • Tシャツ=1万5000円から2万円
  • スウェット=3-4万円
  • ワンピース=5万円前後
  • パンツ/スカート=5万円前後
  • アウター=10万円前後

 

 

高級ブランドに分類されるが、

若者をメインターゲットにしている事もあり、

パリコレクション系ブランドの中では際立って安い。