sacai(サカイ)

sacai概要/歴史


 

[公式サイトやニュース記事など参考]

 

 

コムデギャルソンというDCブランドにて勤務していた

阿部千登勢さんという人物は、結婚・出産の時期に同社を退社。

 

その後、1990年代後半に主婦業をしながら小規模にスタート。

 

しかし瞬く間に阿部氏の作る作品のクオリティが評判となり、

2000年代前半には全国各地のセレクトショップにて大人気となる。

 

 

ファッションショーに関しては長く開催していなかったが、

2010年代に入ってレディース・メンズ両部門のパリコレクションに参加。

 

2010年代以降はさらにブランドの規模が大きくなり、

2010年代半ばには年商100億円を超えたことが大きく報道された。

 

 

 

 

 

sacaiのターゲット年齢層/顧客年齢層


 

 

有名人の愛用情報など参考。

 

30代から50代くらいの愛用者が多い模様。

 

決して安い値段のブランドではないが、

富裕層に関しては20代あたりのセレブが着用している例も目立つ。

 

 

 

 

 

sacaiというブランド名の由来

 

 

岐阜県出身の阿部氏の旧姓は、サカイ(SAKAI)。

1990年代にデザイナーの阿部潤一氏と結婚して

阿部千登勢という名前になったが、旧姓のサカイがブランド名になっている。

 

 

 

 

sacai愛用有名人


 

 

公式SNS情報など参考。

 

 

  • 矢田亜希子
  • hitomi
  • 押切もえ
  • 鈴木えみ
  • 高橋愛
  • 紗栄子
  • 峯岸みなみ

 

 

 

 

 

 

 

主な競合ブランド/類似ブランド


 

 

  • TOGA
  • コムデギャルソン
  • UNDERCOVER
  • kolor