sacai(サカイ)

sacai概要/歴史


 

[公式サイトやニュース記事など参考]

 

 

コムデギャルソンというDCブランドにて勤務していた

阿部千登勢さんという人物は、結婚・出産の時期に同社を退社。

 

その後、1990年代後半に主婦業をしながら小規模にスタート。

 

しかし瞬く間に阿部氏の作る作品のクオリティが評判となり、

2000年代前半には全国各地のセレクトショップにて大人気となる。

 

 

ファッションショーに関しては長く開催していなかったが、

2010年代に入ってレディース・メンズ両部門のパリコレクションに参加。

 

2010年代以降はさらにブランドの規模が大きくなり、

2010年代半ばには年商100億円を超えたことが大きく報道された。

 

 

 

 

 

 

 

 

sacaiの商品価格帯情報


 

全国の正規取扱店が独自運営する通販サイトにて

実店舗同様にsacaiの取扱いがあり。

(ただしブランドの要望で買い物かごにモノを入れる買い方はできないようです)

 

 

2020年時点の価格帯。

 

 

  • トップス=2万円から5万円くらい
  • ボトムス=5万円前後
  • ドレス/ワンピース=10万円前後
  • アウター=10万円くらいから20萬円以上まで幅広い
  • バッグ=10万円前後

 

世界的なブランドながら、

ルイヴィトンやエルメスと比べると今のところかなり低価格。

 

特にTシャツならば1万円台でも買える状態。

 

 

 

sacaiのターゲット年齢層/顧客年齢層


 

 

有名人の愛用情報など参考。

 

30代から50代くらいの愛用者が多い模様。

 

決して安い値段のブランドではないが、

富裕層に関しては20代あたりのセレブが着用している例も目立つ。

 

 

インスタで

「#sacai」

をチェック。

 

インスタでも幅広い年代から愛されている事が分かります。

 

 

 

[パリコレのゲスト年齢層]

海外コレクション情報サイトを確認したところ、

ブランド側のターゲットがよくわかるショーのゲストに関しても

20代から60代くらいまでのセレブがまんべんなく呼ばれており、

やはり特にターゲット年齢層は定めていないようです。日本のセレブだと

秋元梢さんやemmaさん、松田龍平さん、村上隆さん、三吉彩花さん、

海外だとナオミ・キャンベルさんなどが会場でショーを観覧している写真を発見しました。

 

 

 

 

sacaiというブランド名の由来


 

 

岐阜県出身の阿部氏の旧姓は、サカイ(SAKAI)。

1990年代にデザイナーの阿部潤一氏と結婚して

阿部千登勢という名前になったが、旧姓のサカイがブランド名になっている。

 

 

 

 

sacai愛用有名人


 

 

公式SNS情報など参考。

 

  • 矢田亜希子
  • hitomi
  • 押切もえ
  • 鈴木えみ
  • 高橋愛
  • 紗栄子
  • 峯岸みなみ

 

 

 

主な競合ブランド/類似ブランド


 

  • TOGA
  • コムデギャルソン
  • ジュンヤワタナベ
  • UNDERCOVER
  • kolor