digital-zasshi.jp
(ファッション誌/専門誌情報)
 
[ファッション誌系メニュー]

 

 

Off-White c/o Virgil Abloh

 

Off-Whiteの歴史・概要・コンセプト

 
デザイナー・創業者
ヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)
1980年生まれ
アメリカ合衆国・イリノイ州出身
イリノイ工科大学出身
 
ジャンル
ストリートクチュール系
 
 
 
世界的なヒップホップ歌手、
カニエ・ウエストの片腕(アートワーク/衣装制作)として活躍してきた
建築デザイン出身のヴァージル・アブローによるブランド。
 
2012年に立ち上げられてから
パリコレのメンズ部門・レディース部門両方に出展するようになり、
Vetementsなどと共に
ストリートクチュール(ストリート要素のあるハイファッション)
の代表格として頭角を現し、瞬く間に世界的なメンズブランドに成長。
 
 
2016年には南青山に日本1号店がオープン。
 
なお、ヴァージル氏は2018年春、
キム・ジョーンズの後継者として
ルイヴィトン・メンズ部門のクリエイティブ・ディレクターに就任。
それ以降は2つのブランドをかけもつようになった。
 
 
 
 
 

オフホワイトというブランド名の由来

 
今のところは不明。
由来について語るインタビュー記事なども見当たらず。
 
 
 
 

オフホワイトの顧客年齢層/ターゲット

 
インスタグラムで
#offwhitecovirgilabloh
を検索。
 
30代(アラサー含む)
40代
あたりからの人気が高いようです。
 
高額なため、10代後半あたりの若い着用者はあまり見当たらず。
 
 
 
ただし、その辺りだけをターゲットにしているわけではなく、
ファッションショーをレポート記事を見ると
20代から50代くらいまで幅広いセレブが招待されている事が確認できました。
ただし、60代以上くらいはあまりターゲットにしていない模様です。
 
 
日本のセレブだと、ルイヴィトンとのゆかりがあるアーティスト、
村上隆さんあたりが招待されたことあり。
 
 
 
 
 
 

オフホワイトのおおまかな商品価格帯

 
為替変動やブランド価値向上などにより、
急に価格帯が変わる場合もあります。
最新情報は公式メディアでご確認ください。
 
 
薄手のトップス=2-5万円くらい
厚手のトップス=5万円前後
ボトムス=5万円前後
ドレス=10万円前後(一部は20万円くらい)
靴類=5万円前後
アウター=10万円前後
バッグ類=5-10万円くらい
 
ある程度若者をターゲットにしている事もあり、
ハイファッションブランドの中ではかなり安い部類。
 
 
 
 
 
 

類似ブランド

 
Vetements
KOCHE
パブリックスクール
KENZO

 

 
digital-zasshi.jpトップページに戻る
 


 
[パリ/フランス系ブランド(A to Z)]

 
 
[他のカテゴリ]

 
 
[ファッション誌系メニュー]

 
 
digital-zasshi.jpトップページに戻る