Acne Studios(アクネ・ストゥディオズ)

Acne Studiosの歴史


 

 

略称/通称

Acne(アクネ)

 

 

クリエイティブ・ディレクター

ジョニー・ヨハンソン(Jonny Johansson)

 

 

系統

ミニマリズム系(シンプル系)

 

 

 

H&Mでおなじみの国、スウェーデン・ストックホルム拠点のブランド。

 

 

 ジョニー・ヨハンソン氏が1997年に創業。

ファッションデザインだけではなく、

関連雑誌の編集・家具など様々な事業を行ってきた。

 

 

その後、2000年代後半からは

世界最大のファッションショーであるパリコレクションの

レディース(プレタポルテ)部門に進出。

 

2010年代に入るとパリコレのメンズ部門にも進出。

 

 

 

 

 

 

アクネ(Acne)というブランド名の由来


 

 

様々なニュース記事において、

度々、Acneとはどんな意味があるのかが紹介されています。

 

Acneとは創業者の名前とは無関係で

Ambition to Create Novel Expression」

の略語であることがわかっています。

 

直訳すると

「斬新な表現を創造する野望」。

 

 

 

 

 

 

Acne公式通販サイトでの商品価格帯


 

 

公式サイト兼公式通販サイト

https://www.acnestudios.com/

の価格帯情報。

 

日本語にも対応しており、価格表示は日本円。

2020年時点のレート。

 

 

  • アウター=10-20万円くらい
  • 薄手トップス=2-3万円
  • 厚手トップス=3-5万円
  • ドレス=5-7万円
  • パンツ/スカート=2-5万円
  • 靴類=5-10万円くらい
  • バッグ=10万円台

 

日本のユニクロなどと同様に

シンプルで装飾性のない商品が多く、

素材にはこだわっている一方で

一つ一つの製造にはあまり時間がかからないためか、

パリコレ系ブランドの中の最安値クラス

 

 

公式通販サイトのセール会場では

1万円未満の商品も販売されている状態。

 

 

 

 

Acneの顧客年齢層


 

 

インスタで

「#アクネストゥディオズ」

 でのハッシュタグ検索をすると、

日本ユーザーの年齢層傾向がわかります。

 

パリコレ系ブランドの中で最も手に入りやすい価格帯で

あるためか若い人達の自撮り写真も目立つ上状況で、

具体的には

 

  • 20代
  • 30代(+アラフォー)

 

の人達の投稿写真が目立ちます。

 

 

その他、ショーのレポートによると、

会場ゲストとしてブランド側が招待しているのは、

20代・30代あたりと思われる人たちが多く、

やはりある程度若い世代をメインターゲットとしているようです。

 

 

 

 

 

 

主な類似系統ブランド


 

 

  • カルバン・クライン
  • ジル・サンダー
  • ラフ・シモンズ
  • アニエス・ベー
  • トミー・ヒルフィガー
  • △ユニクロ