ヴァレンティノ(VALENTINO)

VALENTINOの歴史


 

 

 

フランスから近いイタリア北部で1932年に生まれた男性デザイナー、

ヴァレンティノ・ガラヴァーニ

(VALENTINO GALAVANI)

が1960年代前半に立ち上げたブランド。

 

シャネル・ヴィトン・エルメスといった老舗ブランドと比べると

圧倒的に歴史が浅くて不利な立場ながら、

パリコレクションを通じて年々評価が上がっていき、

創業者の才能と経営センスにより、一代で世界最高ランクのブランドに成長。

 

その後、創業者のガラヴァーニ氏は2007年に退任

 

 

創業者引退後は、2008年に同じくイタリア出身で共にFENDI出身の

  • ピエールパオロ・ ピッチョーリ(男性)
  • マリア・ グラツィア・キウリ(女性)

の2人にバトンタッチされた。

 

しばらくこの2人でのデザイン活動が行われていたが、

マリア・ グラツィア・キウリは2016年にヴァレンティノを退社し、

その後すぐにラフ・シモンズの退任で席が空いていた

クリスチャン・ディオールのクリエイティブ・ディレクターに就任。

 

それにより、キウリ氏離脱後はピッチヨーリ氏の単独体制となった。

 

 

 

 

 

 

ヴァレンティノというブランド名の由来


 

 

創業者である

ヴァレンティノ・ガラヴァーニ

(VALENTINO GALAVANI)

のファーストネームが関連。

 

 

 

ヴァレンティノのターゲット年齢層


 

 

価格帯が超高額なため、10代はターゲットにしていないと言われる。

 

そして、20代からシニア世代まで幅広い世代の

富裕層がメインターゲット。

 

パリコレクションのショーに招待されるゲストの年齢層も

20代からシニア世代までかなり幅広い。

 

 

インスタにて

「#ヴァレンティノ」

での一般・有名人投稿をチェック。

 

20代から80代くらいまで

かなり幅広い世代のセレブ達から愛用されているようです。

日本の20代あたりの若者層においても憧れのブランドのようです。