digital-zasshi.jp
(ファッション誌/専門誌情報)
 
[ファッション誌系メニュー]

 
 

 

クレイグ・グリーン(Craig Green)

 

Craig Greenの概要・歴史・ブランド名の由来

 
デザイナー
クレイグ・グリーン
(つまり、デザイナー名がブランド名の由来)
 
 
英国の首都・ロンドンで生まれたグリーン氏は
ロンドンの世界的な服飾学校、
セントラル・セント・マーチンズを卒業してすぐ、
自身の名を冠したブランドを2012年に設立。
 
2014年頃からはロンドンコレクション(メンズ分野)に参加。
このイベントの主役へと登りつめていく。
 
そして、2018年春には、
イタリアで開催される世界最大のメンズ見本市
「Pitti Uomo」に招待され、このイベントでショーを開催した事で
一気に世界的な注目を集める事となった。
 
2020年1月開催の
パリメンズコレクション2020-21FWで
パリコレに初参加。
 
 
 
公式サイト
https://craig-green.com/
 
 
 
 
 

Craig Greenの商品価格帯

 
2020年時点では、公式サイトに通販機能はなし。
ただし、外部通販サイトで取扱いあり。
 
薄手トップス=2万から3万円くらい
厚手トップス=3万円から5万円くらい
ボトムス=3万円から5万円くらい
アウター=5万円から10万円くらい
 
セールだと1万円で買えるシャツなどもあり、
世界的ブランドの中では特に価格帯が安い。
 
 
 

クレイググリーンの顧客年齢層傾向/ターゲット

 
 
インスタで
#クレイググリーン
#craiggreen
を検索。
 
 
世界的なショーイベントに参加するブランドながら
価格帯が安いため、日本でも海外でも若い世代からの人気が高いようです。
特にストリート系ファッションの男性の人の間で
このブランドを私服として着用している人が多いようです。
 
 
海外サイトでショーのゲスト写真集を確認したところ、
50代・60代くらいの世界デザイナーから編集者だけでなく、
20代くらいの若いセレブも多数招待されているようで、
やはり大人世代だけでなく若い世代を意識したブランドである模様。
 
 
 
 

主な類似系統のブランド

 
アストリッド・アンデルセン
モスキーノ
 
 

 

 
digital-zasshi.jpトップページに戻る
 


 
[パリ/フランス系ブランド(A to Z)]

 
 
[他のカテゴリ]

 
 
[ファッション誌系メニュー]

 
 
digital-zasshi.jpトップページに戻る