リミ・フゥ(LIMI feu)

LIMI feuの歴史


 

 

日本人女性デザイナー・山本里美(やまもと・りみ)さんのブランド。

 

 

世界的デザイナーである父(耀司)の娘として

1974年に福岡で誕生。

 

その後、父の母校である東京・新宿エリアの文化服装学院に入学し、

服作りを学ぶ。

 

卒業後は父が経営するヨウジヤマモト社に入社し、

パタンナー(も出リスト)という重要な役割を担う。

 

1999年には父から自分のブランドを持つように言われ、

「ワイズビス・リミ」というブランドを同社から立ち上げ、

国内で開催される東京コレクションに参加し始めると

圧倒的な才能で瞬く間に注目の若手デザイナーと称され始める。

 

2002年にはブランド名を「LIMI feu」へと改称。

 

 

東京コレクションを経て

2007年からパリコレクションのウィメンズ部門に進出した。

 

 

 

 

 

ブランド名の由来


 

 

リミフゥ(LIMI feu)の"feu"とは、フランス語で「火」という意味。

ただし、グーグル翻訳では"火災"と訳される。

 

 

 

 

LiIMI feuの顧客年齢層傾向/ターゲット


 

 

パリや東京で開催されるショーに出演するモデルの

年齢層は20代から30代くらい。

 

インスタグラムで

「#limifeu」

を検索。

 

 インスタの自撮り写真に関しても

  • 20代
  • 30代(アラフォー込)

辺りの女性層が中心。

 

 

 

 

 

LIMI feuの商品価格帯情報


 

 

公式通販サイト参考。

2020年時点。

 

  • アウター=5万円から7万円くらい
  • ドレス/ワンピース=5万円前後
  • トップス=3万円から5万円くらい
  • ボトムス=3万円から5万円くらい
  • バッグ=1万円から5万円

 

 

黒い生地の商品が多いのが特徴。