オーラリー(AURALEE)

AURALEEの概要・歴史


 

デザイナー

岩井良太(Ryota Iwai)

1983年生まれ

兵庫県出身

 

 

某ブランドのデザイナー・パタンナーとしてキャリアを積んだ

日本人男性・岩井良太氏が2015年春夏シーズンにスタートしたブランド。

メンズ・レディース両方を扱う。

 

立ち上げ当初からセレクトショップ関係者の目に留まり、

急成長していった。

そして2017年秋には東京の南青山地区に初の直営店をオープン。

 

 

2018年には東京奈都が主催する某コンテストにて賞を受賞し、

2019年にパリコレクション(プレタポルテ部門)にデビュー。

 

 

また、2019年春には国内で開催されるファッションショー、

東京コレクションに初参加。

 

世界中のブティックで取り扱いあり。

 

 

AURALEEというブランド名の由来


 

 

インタビュー記事などでブランド名の意味・由来は判明済み。

 

それによると、

日本でも有名なエルヴィス・プレスリー(アメリカの歌手)の名曲

「ラブ・ミー・テンダー」の原曲になっている

「オーラ・リー」という1861年の曲に由来

 

そして、オーラリーとは"光る土地"という意味があるそうです。

 

 

明るい日中に着る服を作りたいと思っていた事から、

この原曲のタイトルをブランド名として採用したという形。

 

 

 

 

AURALEEの価格帯(各通販サイト参考)


 

 

BEAMSの公式通販サイトや、

全国各地の正規取扱店が独自経営するオンラインショップで取り扱いあり。

2020年時点のデータ。

 

  • コート=10万円前後
  • ジャケット/ブルゾン=3-5万円
  • ワンピース/ドレス=5万円前後
  • ボトムス=3万円台くらい
  • トップス=1-3万円くらい

 

 

海外コレクションに参加しているような

日本のトップブランドの中ではかなり安い部類で

素材にもこだわっているブランドだけにかなりお買い得な価格設定。

 

 

セール時期であれば、トップス商品を

1万円以下で購入する事もできる状態。

 

 

 

 

 

オーラリーの顧客年齢層傾向/ターゲット


 

公式サイト内やデザイナーのインタビュー記事には

細かいターゲット年齢層に関する情報は見当たらず。

 

ただし、インスタで

「#オーラリー」

を検索すると着用者年齢層の傾向が分かります。

 

30代を中心とする世代からの人気が高いようです。

10代と思われる人の自撮り写真はあまり見つかりません。

 

男女比は半々くらいで、両性から人気が高い模様。