TOKUKO 1erVOL(トクコ・プルミエ・ヴォル)

TOKUKO 1erVOLの概要・歴史

 

 

 

1989年(平成元年)に設立されたブランド。

 

大きな眼鏡とボリューミーなヘアスタイルが特徴の

デザイナーの前田徳子(Tokuko Maeda)さんは、

東京都心の名門服飾学校・文化服装学院のデザイン課を1969年に卒業。

(山本耀司も同じ年に同校を卒業している)

 

その後、1970年代半ばにフランスに渡り、

「ドロテ・ビス」というパリコレクション系ブランドにて働き始める。

在籍中にはアシスタントデザイナーまで上り詰めた。

 

その後、1983年にはイタリアのミラノコレクション系ブランド

マックスマーラ社に移籍し、同社のセカンドブランドである

スポーツマックス(SPORT MAX)のチーフデザイナーとして活躍。

 

 

1989年にはフランスで活動しながら自身のブランド

「TOKUKO 1er VOL」

を立ち上げ、日本で開催される世界的なファッションショー

東京コレクションに参加するようになった。

 

以後、1990年代・2000年代・2010年代と約30年に渡って

東京コレクションに参加している。

ブランドを全国展開しているのは大手メーカーのレナウン。

 

色彩豊かであるほか幻想的な作風が特徴とされる。

 

 

 

 

 

 

 

「TOKUKO 1er VOL」というブランド名の由来とは?


 

 

ブランド名は公式サイトなどで明かされていて判明している。

 

TOKUKOはもちろん前田徳子の"徳子"で、

全体的には

「徳子(トクコ)からの第1便」

といったような意味合いとなるフランス語。

 

 

 

トクコ・プルミエ・ヴォルのターゲット/顧客年齢層


 

 

東京コレクション公式サイトを参考にすると、

国内で開催されるファッションショーには

20代くらいの若い女性モデルばかりが登場。

 

しかし、ターゲットが20代ということはなく、

出店している百貨店にてどんなフロアに店があるかを分析すると、

 

  • ヒロココシノ
  • ヨシエイナバ
  • ジュンアシダ
  • ユキトリイ
  • ハナエモリ

 

といったブランドのそばに店があるため、

40代以上くらいのミセス層がメインターゲットのようです。

 

 

インスタグラムでも

若い女性が着用している写真はほとんど見かけません。

https://www.instagram.com/explore/tags/tokuko1ervol/

 

 

 

 

 

 

東京コレクションのショー映像


 

 

2020年春夏シーズン