digital-zasshi.jp
(ファッション誌/専門誌情報)
 
[ファッション誌系メニュー]

 

 
 
【人気ページ】
パリコレ系ブランド公式Instagramフォロワー数ランキング
(各ブランドのランク/格がはっきりと表れた興味深いデータ)
2020年度・高級ブランド人気世界ランキング
(1位はシャネル。意外なブランドがTOP10入りしており要注目)
ミラノ/イタリア系ブランドの公式Instagramフォロワー数ランキング
(1位はGUCCI・2位はPRADA・3位はDOLCE&GABBANA)
 

matohu(読み方=まとう)

 

matohuの歴史・コンセプト

 
和洋折衷の作風を特徴とする
東京コレクション参加ブランド。
 
デザイナーは堀畑裕之・関口真希子という夫婦デュオ。
(いつ頃に結婚したのかは不明)
 
二人は大学を卒業したのち、
東京の名門服飾学校・文化服装学院に入学し、
ともにメンズデザインコースにて学ぶ。
 
その後、2人は別々の企業で働いていたが、
2003年になって一緒に渡英し、
ロンドンコレクション系ブランド「Bora Asku」のスタッフなどとして勤務。
 
ロンドンで様々な経験を積んだのち2005年にmatohuを立ち上げ、
2006年春の2016-17A/Wシーズンに東京コレクションデビュー。
 
 
2009年には「毎日ファッション大賞」という
国内最大のデザイナー賞にて新人賞を受賞。
 
 
 
 
 

matohuの人気商品

 
長着(NAGAGI)・・・・・和風コート的な商品
 
 
 

matohuの商品価格帯情報

 
オンラインショップの価格参考。
 
3万円から10万円くらい。
その中で言うと、5万円以上のものが多く、
3万円から5万円程度の衣服は少ない。
 
 
一方、靴下・小物など1万円以下の商品もあり。
 
 
 
 
 

matohuの顧客年齢層/ターゲット

 
https://www.instagram.com/explore/tags/matohu/
 
 
テレビへの衣装提供で着用している人も含めると、
まず高額なだけに10代の着用者はインスタでは見当たりません。
 
ショーには20代くらいのモデルが登場するものの、
私服でmatohuを着用している20代は少ない模様で、
30代から50代くらいの年齢層の女性が、
私服またはテレビの衣装で着用している例が多いようです。
 
 
 
 

matohuというブランド名の由来とは?

 
 
公式サイトにブランド名に関する公式情報があり。
 
 
それによると、
matohuと書いて、マトフではなくマトウと読み、これは
纏う(まとう)
待とう
のダブルミーニングであるそうです。
 
 
「待とう」はどこからきているかというと、
消費し捨て去るのではなく、自分の美意識が成熟するのを"待とう"というメッセージからきているそうです。
 
 
 
 

 

 

 
[日本(東京)系高級ブランド]

AKIKOAOKI

ファンタジー要素を持つ若手デザイナーズブランド

AURALEE

カジュアル系/低価格

BASICKS

元C.DADAの森川氏による"循環"がテーマのカジュアルブランド/低価格

beautiful people

実験的な作風/20以上の着方ができる特殊でコスパの良い作品も展開

DAIRIKU

大坂の古着文化から影響を受けた若手によるメンズ系ブランド

doublet

「違和感のある日常着」がコンセプト/2018年にはLVMH PRIZE受賞

D'URBAN

レナウン社の基幹ブランド

eriutsugi

受注生産形式のサステナブル系ブランド

FACETASM

ストリート系/アヴァンギャルド/ワイドなシルエットの作品が多い

FACTOTUM

メンズカジュアル系

FUMITO GANRYU

コムデギャルソンから独立したブランド

HARUNOBUMURATA

元JIL SANDER主要スタッフによるミニマリズム系ブランド

HIROKO KOSHINO

50代以上のシニアミセス層から絶大な人気/崩れてきた体型をうまくカバーする作品を展開

HYKE

レディース/東京コレクションのトップブランド

Hysteric Glamour

ロック音楽とアートとファッションの融合がテーマ

ICB

オンワード/NYコレクションに不定期参加

kotohayokozawa

アヴァンギャルド系/若い女性層に人気/低価格

Lautashi

モデル・鈴木えみのレディースブランド

LIMI feu

黒服系

malamute

ニット作品を中心とするカジュアル寄りのブランド

Mame Kurogouchi

元イッセイミヤケスタッフのブランド

MIDORIKAWA

2021年のLVMH PRIZEセミファイナリストとして話題

MIKAGE SHIN

ジェンダーレスを最大の特徴とするアヴァンギャルド系ブランド

mina perhonen

高価ながら長持ちする衣料が人気

matohu

和洋折衷系の独特な作風

pillings(旧RYOTAMURAKAMI)

カラフルでファンタジー性の高い作品を展開

RequaL

コムデギャルソンの作風に通ずる超アヴァンギャルドな若手デザイナーズブランド

soe

メンズカジュアル系

SOSHIOTSUKI

アラサー世代の間で人気のメンズブランド/モノトーン調作品が多い

sulvam

元ヨウジヤマモトスタッフのブランド

TAAKK

近年はパリコレ参加

tiit tokyo

レディース系

TOKUKO 1er VOL

ミセス層向け/カラフル

Ujoh

近年は海外で活躍

YUKI HASHIMOTO

メンズ専門/アヴァンギャルド

ZIN KATO

低価格\マダム層に人気のエレガント系ブランド

組曲

オンワードの基幹ブランド

 
 
 
 


 
[他のカテゴリ]