matohu(読み方=まとう)

matohuの歴史・コンセプト


 

 

和洋折衷の作風を特徴とする

東京コレクション参加ブランド。

 

デザイナーは堀畑裕之・関口真希子という夫婦デュオ。

(いつ頃に結婚したのかは不明)

 

二人は大学を卒業したのち、

東京の名門服飾学校・文化服装学院に入学し、

ともにメンズデザインコースにて学ぶ。

 

その後、2人は別々の企業で働いていたが、

2003年になって一緒に渡英し、

ロンドンコレクション系ブランド「Bora Asku」のスタッフなどとして勤務。

 

ロンドンで様々な経験を積んだのち2005年にmatohuを立ち上げ、

 2006年春の2016-17A/Wシーズンに東京コレクションデビュー。

 

 

2009年には「毎日ファッション大賞」という

国内最大のデザイナー賞にて新人賞を受賞。

 

 

 

 

 

matohuの人気商品

 

 

  • 長着(NAGAGI)・・・・・和風コート的な商品

 

 

 

 

matohuの商品価格帯情報


 

 

オンラインショップの価格参考。

 

3万円から10万円くらい。

その中で言うと、5万円以上のものが多く、

3万円から5万円程度の衣服は少ない。

 

 

一方、靴下・小物など1万円以下の商品もあり。

 

 

 

 

 

matohuの顧客年齢層/ターゲット


 

 

https://www.instagram.com/explore/tags/matohu/

 

 

テレビへの衣装提供で着用している人も含めると、

まず高額なだけに10代の着用者はインスタでは見当たりません。

 

ショーには20代くらいのモデルが登場するものの、

私服でmatohuを着用している20代は少ない模様で、

30代から50代くらいの年齢層の女性が、

私服またはテレビの衣装で着用している例が多いようです。

 

 

 

 

matohuというブランド名の由来とは?


 

 

 

公式サイトにブランド名に関する公式情報があり。

 

 

それによると、

matohuと書いて、マトフではなくマトウと読み、これは

  • 纏う(まとう)
  • 待とう

のダブルミーニングであるそうです。

 

 

「待とう」はどこからきているかというと、

消費し捨て去るのではなく、自分の美意識が成熟するのを"待とう"というメッセージからきているそうです。