ヒロココシノ(HIROKO KOSHINO)

HIROKO KOSHINOの歴史


 

 

デザイナー

コシノヒロコ

 

 

コシノ3姉妹の長女であるヒロコ氏が、

1982年にイトキン(大手メーカー)の支援を受けて

自身のブランドを立ち上げ、イトキン支援のもとで、

1982年からは世界最大のファッションショーである

パリコレクションに参加。

 

バブル崩壊後の1993年に一度パリコレ参加を取りやめたが、

2000年代の後半には約15年ぶりにパリコレに復帰し、

国内外で大きなニュースとなった。

 

 

 

 

保有ブランド


 

  • HIROKO KOSHINO
  • HIROKO KOSHINO COUTURE
  • HIROKO KOSHINO PREMIER
  • TRUNK
  • HIROKO BIS

 

各ブランドは、全国の百貨店などで人気。

 

 

 

 

ヒロココシノの顧客年齢層/ターゲット


 

 

パリや東京で開催されているショーに出演しているのは、

20代くらいの若い女性ばかり。

 

ただし百貨店ではミセス系ブランド売り場/フロアに出展していて

ブランドのターゲット顧客年齢層は、

50代(アラフィフ世代)あたりからヒロコさん(1937年生まれ)と同じ世代くらいの

女性層であると言われる。

 

若い独身層やヤングミセス向けではない。

 

体型の崩れ等をうまくカバーしてくれる作風が人気の秘訣。

 

 

インスタグラムで

「#ヒロココシノ」

をチェック。

 

 

 

 

 

商品価格帯


 

 

「ヒロココシノ」ブランドに関して。

イトキン通販サイト参考。

 

 

  • トップス=2-5万円くらい
  • ボトムス=3-5万円くらい
  • ドレス/ワンピース=5-10万円くらい
  • アウター=5-15万円くらい(価格幅広い)

 

 

セール期間であれば、高いものを半額前後で手に入れる事が可能。

 

 

世界的なブランドであるものの、

価格帯はシャネル、エルメスなどと比べて圧倒的に安い。

 

 

 

 

 

 

同じ系統のブランド


 

 

  • ユキトリイ・インターナショナル
  • YUKIKO HANAI
  • TAE ASHIDA
  • JUN ASHIDA