FUMITO GANRYU(フミト・ガンリュウ)

FUMITO GANRYUの歴史/ブランド名の由来


 

分類

メンズブランド

 

 

デザイナー

丸龍文一(Fumito Ganryu)

1976年生まれ

福岡県出身

(デザイナーのフルネームがブランド名の由来)

 

 

文化ファッション大学院大学を経て

2004年に世界的なデザイナーである川久保玲氏が経営する

株式会社コムデギャルソン入りし、パタンナーとしてキャリアをスタート。

 

ジュンヤワタナベブランドのパタンナーとして頭角を現し、

コムデギャルソン社内で2007年に

「ガンリュウ(GANRYU)」

という自身の名を冠したメンズブランドをスタート。

 

全国でのセレクトショップでの取り扱いを通じてトップブランドに。

また、国内で開催される東京コレクションに不定期参加。

 

旧ブランドのショー映像

 

 

 

2016年に退社すると共に、一旦のブランドを閉鎖。

 

その後、「FUMITO GANRYU」という新ブランドを立ち上げ、

2018年春にはイタリアで開催される世界最大の見本市・

ピッティウォモの2019年春夏に参加。

 

新ブランドのコンセプトは"21世紀に必要な服"。

 

2019年1月には、パリコレクションのメンズ部門にもデビューを果たした。

 

 

 

公式サイト

http://fumitoganryu.jp/

 

 

 

 

 

 

 

FUMITO GANRYUの商品価格帯情報


 

 

ブランド公式サイトには通販機能なし。

ただし、全国の正規取扱店が独自運営する自社通販サイトでは

FUMITO GANRYUの取扱いがあります。

 

 

[中心価格帯(2020年)]

  • トップス=1.5万円から5万円
  • パンツ=3万円から5万円
  • アウター=5万円以上

 

まだスタートしたばかりという事もあり、

海外コレクションに参加しているブランドの中でも特に安い。

 

Tシャツに関しては定価でもかなり安く手に入るようです。

 

 

 

 

 

 

FUMITO GANRYUの顧客年齢層傾向/ターゲット


 

 

インスタで

「#fumitoganryu」

「#フミトガンリュウ」

を検索。

 

 

基本的には

  • 20代
  • 30代

あたりの年齢層の男性からの人気が高いようです。

 

ただし、海外のファンの自撮り写真では

40代以上の人が着用しているケースもみられます。

 

 

 

 

関連ブランド


 

 

  • ジュンヤワタナベ・コムデギャルソン
  • コムデギャルソン
  • sacai
  • kolor