FACTOTUM(ファクトタム)

FACTOTUMの歴史・概要


 

 

デザイナーは

1971年生まれの有働幸司(Koji Udo)さん。

 

国内有数の服飾専門学校・東京モード学園を卒業後、

セレクトショップ大手のBEAMS社に入社。

 

退社後はロンドンに留学して修行を積み、

帰国後の2004年にFACTOTUMという自身のブランドを設立。

 

 

2006年秋には東京コレクションにデビューし、

2010年にはレディースブランド(FACTOTUM FEMME)もスタート。

 

 

 

 

FACTOTUMというブランド名の由来


 

 

様々なメディアにて由来情報は公開されている。

 

FACTOTUM

とはラテン語で"勝手に生きろ"という意味。

(どうして"勝手に生きろ"という意味をもつブランドになったかまでは不明)

 

 

 

 

 

FACTOTUMの商品価格帯


 

 

ZOZOの公式通販サイトを参考にすると

2万円から5万円くらいの商品が中心。

 

ただし、一部アウター衣料などは5万円から10万円くらいが相場で、

15万円前後のコートや革ジャケットなどもあり。

 

 

 

 

 

 

FACTOTUMのターゲット年齢層


 

 

 

このブランドは集英社の

メンズノンノという若い世代向け雑誌をきっかけとして

人気に火が付いたブランドとして知られ、

この雑誌のターゲット年齢層が、ブランドのターゲットと被ると言われている。

 

ZOZOの公式通販サイトで商品を試着するモデルは

20代からアラサー世代あたり。

 

東京コレクションのショーに出演するモデルは20代が多い。

 

 

 

 

 

ショー映像


 

 

 

東京コレクション公式サイトより

https://rakutenfashionweektokyo.com/jp/brands/detail/factotum/

 

 

 

FACTOTUM 2015-16 A/W

20代くらいの男性モデルがたくさん出演している