tiit tokyo(読み方=ティート・トウキョウ)

tiit tokyoの歴史


 

 

 

2011年に滝澤裕史・岩田翔の2人によって

「tiit」として創設され、

2012年から世界的なファッションショー「東京コレクション」に参加し始める。

 

その後、東京コレクションからはしばらく遠ざかっていたが、

ブランド名を「tiit tokyo」へと改め、

2017年から再び東京コレクションに参加し始めた。

 

 

滝澤裕史・岩田翔両氏は2人とも1985年生まれ。

そして杉野服飾大学の同級生。

卒業後、仲が良かった2人によってtiitがスタートした。

 

 

「日常に描く夢」がコンセプト。

ショーには女優の小松菜奈などの有名人が登場する。

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

2019 autumn/winter ”Voice” #tiittokyo #amazonfashionweektokyo

tiit tokyo official(@tiit_tokyo)がシェアした投稿 -

 

 

tiit tokyoの顧客年齢層,ターゲット


 

 

https://www.instagram.com/explore/tags/tiittokyo/

 

 

インスタの有名人・一般人私服投稿記事を参考にすると、

20代からアラサー世代あたりの着用者が大半。

 

 

 

 

 

tiitというブランド名の由来とは?


 

 

某WEBマガジンにおいて、

デザイナー2人による、由来に関する公式発言をみつけました。

 

 

それによると、先入観をもたれないように

あまり意味がないブランド名がいいと思っていた中、

  • 滝澤(takizawa)
  • 岩田(iwata)

それぞれの頭文字をとって、

「ti」

を並べ、そこからtiitというブランド名を思いついたそうです。

(なぜtitiではなく、2回目は並びを変えてitになったのかまでは不明)

 

 

 

 

 

 

tiit tokyo 2020 S/S Collection | Rakuten Fashion Week TOKYO 2020 S/S