ラップ・ミュージックとは?

 

 

ラップ・ミュージックとは、

ホップホップカルチャーの中心にあるもの。

 

英語で言うとラップはRAPになり、

WRAPではない。

 

1970年代にニューヨークにてアフリカ系アメリカ人や

ラテンアメリカ系アメリカ人が作り出したといわれる。

 

 

具体的には、

  • リズムに乗せて歌詞を語るように歌う

というスタイルが大きな特徴。

 

その他、

  • ヒップホップ系(ストリート系)ファッションに身を包んで歌う
  • 歌詞に社会性があるケースが多い

といったような特徴もあり。

 

 

日本では、1990年代前半に

  • スチャダラパー
  • EAST END

といったミュージシャンが登場してから

どんどん邦楽系ラッパーが増えていった。

 

 

1990年代後半にブレイクした人の中では

  • ZEEBRA

が代表的な存在。