ミニアルバムとEPの違いとは?

まずはじめに「EP」という言葉について

 

 

レコード用語としての

「EP」

はextended playの略で、

CDでいうところのアルバムにあたるLPが片面約30分録音できるのに対し、

こちらのEPはCDで言うところのシングル盤。

 

通称は"ドーナツ盤"。

extendとは、「伸ばす」「伸びる」といったような意味合い。

 

 

EPレコードの特徴

  • 外径は約17cm
  • 片面録音時間は約7分・・・・・5分の曲が1曲だけ入る程度。

 

 

約7分×2=14分と、CDにおけるミニアルバムと比べて

録音可能時間は短く、8cmCDに近い存在

 

 

 

 

 


CD全盛時代の「ミニアルバム」

 

 

 

レコード時代が終わりを告げて

1990年前後に到来したCD全盛時代における

「ミニアルバム」

とは、

 

 

[特徴]

  • 12cmCDを使用・・・・・逆にシングルは8cmCDを使用
  • 収録時間は30分前後
  • 収録曲数は7曲くらい
  • 値段は2000円前後

 

こういった特徴をもつ。

 

 

 

[注記]

8曲入り作品は立ち位置があいまいで、

ミニアルバムと称するアーティストもいれば

フルアルバムを自称するアーティストも存在した。

 

 

 

 

 

 


配信時代の「EP」とは?

 

 

2010年代に入ってスマホが急速に普及。

そして、スマホを携帯音楽再生機器として使用する人が急増。

 

そんな中で、CD(パッケージ商品)は年を追うごとに衰退。

 

それに対して、2010年代後半あたりから

配信ストアにて

「EP」

を自称する作品を発表するアーティストが激増した。

 

 

この配信分野における

「EP」

は、やや立ち位置があいまい。

 

 

 

 

CDにおけるミニアルバムと別物と扱われている例もある一方、

音楽系ニュースの記事では、

誰かが例えば3rd EPをリリースした際に

「******が3rd EP(ミニアルバム)をリリース」

といったように同義語として扱われている例も多い

 

 

アーティスト公式サイトや配信ストアで

「EP」

というカテゴリがない場合、アルバム側にカテゴライズされている傾向。

 

 

CDにおけるミニアルバムと似たようなものながら、

  • プラスチック代
  • 紙代&インク代
  • 輸送代金

といった余計なコストがかからないのは大きな違い。

 

 

 

[シングルとミニアルバムの中間的]

総合的には、シングル作品とミニアルバム作品の中間的な意味合いもあり。

例えば、

 

  • 1曲目にタイトルソングが入っている事が多い
  • タイトルに「EP」と入っているものの、Amazonでマキシシングル扱いされたりしている

上記のような特徴もあり。

 

 

シングル的なポジションでEPをリリースしている場合と

ミニアルバム的なポジションでEPをリリースする場合の2つに分かれている。

 

 

 

 

 

[注記]

あいまいなため、新事実が判明したら情報を追加・更新する場合があります。

 

 

 

配信分野の"EP"特徴

  通常 例外
曲数 4曲から6曲くらい 

 3曲入り作品が

「EP」

を自称している例もあり

 

*逆に10曲くらい

収録されている例もあり

収録分数 20分から30分くらい

 

*3曲入りで10分から12分

程度の作品もあり。

 

 

値段

1000円から1500円

くらいが多い

 

*パッケージ商品より

経費かからないためか

700円前後で販売されている

例もあり。

(特に新人が作品普及のために

激安で販売する例がある)