「シティ・ポップ」とは?

 

 

2010年代後半に入って、

竹内まりやの「Platic Love」という曲が海外でヒットし、

注目を集めているあいまいな音楽ジャンル。

 

 

 

シティポップの歴史や特徴


 

 

 

シティ・ポップ

(シティー・ポップ/City Pop)

とは、

かつて日本で流行していた事がある、あいまいな音楽ジャンル。

1970年代から1980年代にかけて流行したとされる。

 

 

具体的には、

汗臭さや田舎っぽさを感じさせるポップソングとは対照的に、

「City=都市/都会」

という意味合いに連動して、

洋楽に大きな影響を受けてきたポップス系アーティストが作る

「メロディーや歌詞が都会的なポップス」

といったような意味合い。

 

 

 

 

 

シティ・ポップの代表的なアーティスト・代表曲

 

 

  • 山下達郎・・・・代表的な存在。1983年に発表した「クリスマス・イヴ」は色あせない新しさで支持され続けている。
  • 大瀧詠一
  • 佐野元春
  • ハイファイ・セット
  • EPO・・・・・・女性ソロアーティスト
  • △松任谷由実
  • △竹内まりや・・・・・「Platic Love」はシティポップ系の曲と言われるものの、すべての曲がシティポップ系であるわけではない

 

 

[注記]

チューリップ・長渕剛といった人達はシティポップ系には分類されない。

また、歌謡曲系の曲ばかりを発表していたデビュー当時のCHAGE&ASKAもシティポップ系アーティストには分類されない。