ラジオ:AM放送とFM放送

AM(amplitude modulation)放送/中波放送


 

 

AM放送とは、

アンプリテュード・モジュレーション・ブロードキャスティング

amplitude modulation broadcasting

の略。

 

振幅変調(amplitude modulation)という方式。

「中波放送」とも呼ばれる。

 

 

特徴

  • 周波数は一定
  • 音はシャープではなくドンヨリしている
  • 音楽がきれいに聴こえてくる放送ではない
  • 基本的にトーク番組向け
  • 昭和時代まではモノラル放送で1990年代初頭にステレオ放送がスタート
  • 全国テレビ局にはAMラジオ放送も行っているケースが多い

 

 

 

 

FM(frequency modulation)放送/超短波放送


 

 

FM放送とは、

フリクゥェンシー・モジュレーション・ブロードキャスティング

frequency modulation broadcasting

の略。

 

周波数変調(frequency modulation)方式。

AM放送より歴史浅い。

 

VHFテレビ放送などと共に超短波(VHF/very high frequency)を用いる放送で、

「超短波放送」ともいう。

 

FMラジオ放送用周波数は、VHF76.0MHzから90.0MHz。

 

 

 

[主な特徴]

  • 音がクリア
  • ステレオ放送
  • 音楽を流すのに向いている
  • AM放送と比べて全国に局数が多い(コミュニティーFM局含めて)

 

 

全国のAMラジオ局の中には、

FM放送もスタートするケースが増加中。