御三家と新御三家

御三家


 

御三家は、1960年代半ばころに芸能界/音楽系で活躍していた

若手男性歌手3人を指す語句。

 

 

 

 

名前 生年月日 備考

 

 

西郷輝彦

 

 

1947年

2月5日

 

1964年に歌手デビュー。

 

デビュー曲をはじめとして

新人時代に多数のヒット曲を出す。

 

 

 

 

橋幸夫

 

 

1943年

5月3日

 

1962年に発売された

吉永小百合とのデュエット

「いつでも夢を」

が有名。

 

 

 

舟木一夫

 

 

1944年

12月12日

 

デビュー曲である

1963年発表の

「高校三年生」

が代表曲。

 

新・御三家


 

 

御三家に続いて、1970年代に歌手などとして活躍した

同級生(同学年)3人を指す語句。

 

 

 

名前 生年月日 若い頃の代表曲
郷ひろみ

1955年

10月18日

 

男の子女の子

 

西城秀樹

 

1955年

4月13日

 

ヤングマン

野口五郎

 

1956年

2月23日

 

めぐり逢う青春

私鉄沿線