ミックステープ

 

 

ミックステープ(Mix  Tape)とは、

主にヒップホップミュージック界の用語。

 

ヒップホップやクラブミュージックの世界においては

「ミックステープ」

と銘打った作品が存在する。

 

 

音楽ニュースなどを参考にすると、発祥はアメリカ。

1970年代頃に登場し、かつてはカセットテープ商品として発表されていた。

 

しかし現代においては絶滅状態にある再生機器が絶滅状態にある

「カセットテープ」

というフォーマットで発売されている感じではなく、

"ミックステープ"

を自称していても、

 

  • CD
  • 音楽配信

といったフォーマットでユーザに届けられている。

 

Mix Tapeと称するベストアルバム作品が発表されている例もあり、

"アルバム作品"との明確な違いは分かりづらい。

 

プロでも、明確な違いを答えられる人は少ないようです。

 

 

 

 

 


分かっている限りの"ミックステープ"の特徴

 

 

*あいまいなもののため、表現を修正する場合があります。

 

 

  • アメリカ発祥
  • 無料作品(無料配信作品)と有料の作品に分かれる・・・・・無料配布/配信が中心
  • ベストアルバム的作品を"ミックステープ"として大物が販売している例もあり
  • 無料作品は自ら(自分達の)認知度アップを目的とする・・・・試供品的
  • 主にホップホップ音楽分野の商品
  • 売れる前の新人が発表する例が多い
  • 現代においてはカセットテープで提供されるわけではない

 

 

ある番組での星野源さんのミックステープの意味に関する発言

ヒップホップの世界にはミックステープという文化がある。

それは、売らないで(お金をとらないで)、

無料ダウンロードとかCDを配ったり、そういうメディアの事

(ドームツアーを終えて何をしようかという事を考えていた時に

ミックステープを作る事を考えていた時期があったそうです)