ジュリ扇

 

 

 

ジュリ扇(じゅりせん)とは、

バブル崩壊の兆しが見えていた1991年にオープンしてから

閉鎖される1994年の3年の間に、東京の若い女性達の間で大ブームとなっていた

巨大ディスコ「ジュリアナ東京」におけるお立ち台ギャルの必須アイテム(扇子)。

 

 

普通の扇子と比較すると、

  • 羽がついている
  • 基本的にカラフル(白いものもあり)

 

といったところが特徴。

 

これを手に持って扇子を使いながら踊るのが定番となっていた。

 

最初に使うようになったのは、

お立ち台の女王という異名をもっていた荒木久美子さん(通称=荒木師匠)である事が

テレビ特集での本人談で判明している。