作曲と編曲

 

 

以下の事に関しては、

あいまいな部分や各アーティストの独自解釈もあり、

必ずしも当てはまるとは限りません。

 

*基本的にJ-POP分野の話です。

 

 

 

 

作曲

 

 

作曲とは、

あとから歌詞がのる事になるメロディーを作る行為。

 

作詞と作曲者は同じである場合が多めで、

作曲してから歌詞を作るのではなく、

先に歌詞を作ってからメロディーを作る例もあり。

 

 

 

 

 

編曲

 

 

英語でいうと、arrangement。

そして、編曲者はアレンジャーと呼ばれる。

 

こちらの基本的な意味合いは、

歌詞がのる部分のメロディー以外を作る行為。

 

 

例えば、アレンジャーは、

作曲者がギター・ピアノ弾き語りで作った素材を渡されたら、

 

  • 曲の全体的な雰囲気を決める
  • イントロを作る
  • 間奏のメロディーを作る
  • ハモリのメロディーを作る
  • (歌詞がのる)メロディーとメロディーの間に入る音(オカズ)を作る
  • △転調させてラストをさらに盛り上げる

 

などなど。

サビ直前に、サビを盛り上げるためのメロディー作りあたりも売り上げに大きくかかわる。

 

 

編曲者=プロデューサーというケースも多い。

(コード進行に関しては、どちらが最終的に決定するのか不明)

 

 

ただし、どこまでが作曲者担当・どこからが編曲者担当

という明確な区切りはない模様。

 

 

 

[例]

例えば、J-POP分野においては、

Mr.Children桜井和寿(作曲担当)と小林武史(編曲担当)の関係性がわかりやすいといわれる。

特に桜井和寿が未熟だった初期作品において、

Mr.Childrenの楽曲ヒットには、小林武史氏の力量が大きくかかわっていると言われる。

 

 

小林武史氏はイントロ作りやつなぎの音作り・サビへのつなげ方などなど

すべてがパーフェクトと評される。