ハウスマヌカン

 

 

1980年代のデザイナーズブランド・ブーム期に存在していた語句。

そして、マヌカンとは英語で言うところのマネキンのこと。

 

意味は、

デザイナーズブランドの店において、

(動くマネキンのごとく)店の服を上手にコーディネートして着用し、

接客やスタイリングアドバイスなどを行っていた店員の事。

 

当時の日本の若者にとって、人気のポジションであった事で知られる。