お立ち台

 

 

1991年、東京・芝浦エリアにオープンした

総面積約1200平方メートルで、

約1500人が一度に踊れる巨大なディスコ(今でいうところのクラブ)、

「ジュリアナ東京」の名物。

 

ファッションショーのランウェイのようにフロアに設けられた

高さ1.5m前後(大人の男性の身長より少し低いくらい)の長机状の台の事で、

ワンレン・ボディコンの衣装を着用した若い女性達が、

このお立ち台の上で踊っていた。

 

ただし、お立ち台で踊る人達が衣装で競い合う中、

その衣装の肌の露出具合が問題となり、1993年12月に店から撤去される。

 

ジュリアナ東京にとって「お立ち台」は大きな特徴であったが

それがなくなった事で客足は一気に遠のく。

 

仕方がなく店側はお立ち台を復活させて、

衣装が過激でない、店が認定した女性だけをお立ち台に上がれるようにしたが、

それでも人気は戻る事なく、2014年8月末には店が閉店に追い込まれた。

 

 

 

 

お立ち台の女王

 

 

羽根つき扇子(ジュリ扇)を流行らせたとされる

この店の名物客・荒木久美子さん(職業=イベントコンパニオン)

は、"お立ち台の女王"として知られた。