ミスチル現象(Mr.Children現象)

 

 

 

ミスチル現象は、

日本やアジア圏にて長く活躍しつづけているバンド、

Mr.Childrenがブレイクした頃に発生した現象の事。

 

 

1992年にメジャーデビューした小林武プロデュースのMr.Childrenは

しばらく人気に火がつかなかったが、1993年夏発売の3rdシングルの「Replay」でその足掛かりを掴み、

その数カ月後(1993年11月)には、ドラマ主題歌に採用された

「CROSS ROAD」

という曲がついにヒット。

 

この曲は12月にドラマが終了して年が明けてもヒットを続け、

オリコンチャートにて上位をキープし続けた。

 

 

さらにボーカル・桜井和寿のルックスの良さに若い女性層が飛びつき、

ジャニーズタレント顔負けの人気に。

 

 

桜井和寿やバンドの事を知りたいという思いの中で、

 

 

  • 過去のアルバムが売れ始める
  • 過去の名曲(「抱きしめたい」など)が続々と掘り起こされる
  • ライブのチケットが即完売
  • カラオケでミスチルの曲が大ヒット
  • 桜井和寿の髪型やファッションを真似する男性が急増
  • ミスチルに憧れてバンドを始める若者が急増
  • レンタルCD店でなかなかミスチルのCD(特にアルバム)が借りられない

 

こういった現象が発生。

 

 

なお1993年11月発売のCROSS ROADは、1994年6月にinnocent worldというニューシングルが発売されても売れ続け、

約半年かけてミリオンセラー作品となった。

 

 

特に「抱きしめたい」が収録された2ndアルバム

「KIND OF LOVE」のロングヒットぶりは凄く、

1995年に入ってもチャート上位にランクインしていた。

 

 

 

1995年後半あたりからはブームが落ち着き、

過去のアルバム作品の売上も落ち着く。