マキシシングル

 

 

シングル作品が、まだ8cmCDでリリースされていた

1990年代後半頃の音楽用語。

 

 

1995年頃までは日本の音楽界において、

シングル作品を8cmCDで発売するのが通例であった。

 

しかし、1996年に入るとトップアーティストのMr.Childrenが

8月に「マシンガンをぶっ放せ」という12cmCDを発売し、

このあたりから、通常の8cmCDに対して、

12cmCDシングル作品が"マキシシングル"と称されるようになっていった

 

その後、

1999年頃からは

8cmシングルを発売するアーティストが激減していき、

2000年代に入るとシングル作品を12cmCDでリリースするのは当たり前となった。

 

逆に8cmCDは絶滅状態に。

 

そして、8cmが絶滅状態になってからは、

次第に"マキシシングル"という語句が使われなくなっていった。

 

 


12cmCDアルバムと12cmCDシングル(=マキシシングル)の違い)

 

 

12cmCDアルバム作品は、プラスチックが頑丈で分厚い。

それに対して、

「12cmCDシングル(=マキシシングル)」

はアルバムと比較して明確に薄い。

 

 

 

 

 


8cmシングルと12cmシングルの比較

 

 

 

  • 8cmシングル=4曲入りが多い(歌入り2曲+インスト2曲)
  • 12cmシングル=6曲入りが多い(歌入り3曲+インスト3曲)

 

 

12mシングル(マキシシングル)は、

  • EP作品
  • ミニアルバム

に近い部分があり。

 

 

また原材料費や収録分数に比例して、

マキシシングルのほうがやや値段が高め。

 

逆に8cmシングルは500円くらいで販売される事も稀に存在した。