雨傘番組

 

あまがさばんぐみ

 

主に野球(プロ野球)に関連する用語。

 

巨人戦などプロ野球の試合がほぼ毎日ゴールデンタイムの放送されていた

昭和時代末期(1988年)に東京ドームができるまでは、

ドーム球場を本拠地とするプロ野球チームが存在しなかった。

 

そんな中、梅雨の時期や台風シーズンなどは試合の中止と共に

試合の中継も中止になる事が頻繁に起こっていた。

 

 

そういった試合中継中止に備えてテレビ局が事前に用意した番組の事

「雨傘番組」という。

 

 

放送されるかどうかわからないという事もあってテレビ局が力を入れておらず、

高視聴率は期待できないような番組が予備として用意される事が多い。

 

 

 

ただし、1990年代からドーム球場がどんどん増えて

豪雨の日でも試合が開催されるようになったほか、

地上波でプロ野球の試合が放送される事も少なくなってきた中、

この語句は、近年では死語になりつつあり。