レーザーディスクとDVD

レーザーディスク


 

laser disc

 

DVDが普及する前に様々なソフトが市販されていた、

CD(コンパクトディスク)を大きくしたようなビデオディスク

 

カセットテープとCDの関係同様に、

VHSテープを何百回も視聴していると

不具合が生じてくる可能性があるのに対し、

こちらのレーザーディスクはCD同様にテープの擦り切れとは無縁なため、

一部の富裕層の間では、専門の再生機器を利用し、様々なソフトを楽しむ文化が定着していた。

 

特に人気があったのは、

有名アーティストの音楽ライブを収録したディスクなど。

(例えば、ユーミン・CHAGE&ASKAのライブ商品などが人気であった)

 

 

ただし、再生機器の普及率はVHSビデオ機器と比べて圧倒的に低く、

富裕層以外の間では高値の代物で、一般所得層の間ではあまり普及しなかった。

 

 

DVDの登場によって富裕層からも注目されなくなり、

一気に衰退していった。

 

 

 

DVD

 

 

  • 専用の再生機器が必要
  • 専門の再生機器は決して安くない
  • ディスクがバカでかい(場所をとる)

といった理由でレーザーディスクがなかなか普及しない中、

2000年後からVHSビデオカセットに替わって普及したもの。

 

 「digital versatile disc」の略で、

versatileとは「多用途」といったような意味合い。

 

 

1990年代末あたりから、

  • 音楽ソフト
  • 映画ソフト

は、VHS版とDVD版が両方発売されるケースが一気に増え、

DVD再生&録画プレーヤーが普及すると、

VHS版の発売をやめてDVD版だけを発売するケースも急増。

 

 

レーザーディスクと比べて圧倒的にディスクの半径が小さく、

大きさは12cmCDと同様。

 

 

 

DVDの種類

  • DVD-ROM(再生専用/Read Only Memory)
  • DVD-R(一度だけ記録可能/recordable)
  • DVD-RW(データの上書き可能/Rewritable)・・・・DVD-Rよりも高価
  • DVD-RAM(コンピューター用/Random Access Memory)