8cmCDと12cmCD

8cmCD


 

 

文字通り、

直径8cmのCD(コンパクトディスク)。

 

1990年代末あたりまでは、

国内のアーティストがシングルCDをリリースする際は、

こちらの8cmCDでリリースするのが当たり前となっていた。

 

 

パッケージに関しては、

  • 横約8.5cm
  • 縦約16.5cm

で、8cmCDが縦に2つ入るほどの大きさ。

中央部のプラスチックが薄く設計されており、

プラスチックを折って、半分のサイズにして保存する事も可能だった。

(ただし、買った人の大半は半分に折らずに保存していた)

 

 

 

12cmCD

 

 

8cmCDよりも大きなサイズのCD。

直径が12cmのため、一般的に12cmCDといわれる。

 

こちらは容量が大きく、

アーティストがアルバム作品を作品する際に

1980年代後半から使われてきた。

 

 

ただし、1990年代末からシングル作品を

8cmCDではなく12cmCDでリリースする例が増えていき、

その移行期においては、通常の頑丈なアルバムパッケージより

薄めに設計されているシングル向けパッケージ商品のシングル作品は

「マキシシングル」

と称されていた。

 

 

8cmCDでシングルをリリースする人がいなくなってからは

マキシシングルという呼称も死語に。

 

 

 

8cmCDと12cmCDの比較(1990年代)


  8cmCD 12cmCD
パッケージ

横約8.5cm

縦約16.5cm

縦12.3cmくらい

横約14cm

用途 シングル作品 

フルアルバム作品 

ミニアルバム作品

最大収録時間 20‐25分くらい 約75分
音楽商品価格

 

1000円前後

(稀に500円で

リリースする例も)

 

3000円前後
収録曲数

 

 

4曲くらい

 

表題曲とCW曲の

歌ありと

カラオケで

4局のケースが多め

12曲前後