ハイファイとローファイ

ハイ・ファイ(Hi-Fi)


 

 

ハイ・ファイ(Hi-Fi)とは、

ハイ・フィデリティ(Hi-Fidelity)の略。

 

  • Hi=高い
  • Fidelity=忠実

 

という意味合いに連動し、

音響機器分野において、その機器から再生される音が

「(ノイズなどがなく)原音を忠実に再現している事」

を意味する。

 

 

 

 

ロー・ファイ(Lo-Fi)


 

 

ハイファイの対義語である

「ローファイ」とは

low-fidelity

の略語。

 

Low=低い

 

という意味合いに連動し、

ハイファイとは逆に、原音の再現度が低い事を指す。

 

 

それに関連する

「ローファイ・ミュージック」

と呼ばれる1990年代頃に流行した音楽ジャンルは、

意図的にノイズを入れたり、

意図的に音を低く再現したような音楽の事。

 

 

例えば、1996年秋に発売されたPuffyのシングル

「これが私の生きる道」

カップリング曲として収録されたユニコーンのカバー曲

「雪が降る街」

は、奥田民生氏がプロデューサーの笹路正徳氏に

"「雪が降る街」をローファイな感じに仕上げてほしい"!

という依頼で誕生した曲。

 

シャープな音の原曲、

ユニコーン「雪が降る街」

と比べて、音がぼんやりとしていて幻想的な雰囲気がある。