(ファッション/ライフスタイル誌 +専門誌情報)
 
 
[サイト内のファッション関連メニュー]

 

 

グレース・コディントン(Grace Coddington)

 
参考文献
https://models.com/people/grace-coddington
 


 

性別

女性

国籍/出身

英国(ウェールズ)

生年月日

1941年生まれ

 
 

 
 

トップモデル時代

 
グレートブリテン島西部に位置するウェールズの
アングルシーという島にて1941年に誕生した女性。
 
1950年代後半に隣国・イングランドのロンドンへ渡り、
アルバイトをしながらモデルとしての活動を目指し始めた。
 
そんな中、1959年にVOGUE UK主催のコンテストにてウィナーに輝き、
スウィンキング・ロンドンのムーブメントが吹き荒れる中、
1960年代に英国にてツイッギーなど年下のモデルと共にトップモデルとして活躍。
 
ただし怪我が原因で2年ほどの休業を余儀なくされ、
休業明けにはドーバー海峡の向かい側に位置するフランスのパリに向かい、
キャリア後半となる20代後半の時期にはパリでモデルとして活動。
(ロンドン時代と比べてパリ時代は、どれくらい活躍していたのか明らかではない)
 
 

1969年に編集者へ転身

 
10年に渡るモデル生活に一区切りをつけ、
28歳になった1969年には自身のキャリアと深い関係にある
VOGUE UKの編集者となり、第2の人生をスタート。
 
時を経て1987年頃にはイギリスからアメリカのニューヨークに渡り、
しばらくはカルバン・クラインのデザインディレクターとして働いた。
 
しかし1980年代後半にVOGUE UKの編集長をしていた
同じく英国出身のアナ・ウインターが
アメリカ本国のVOGUE新編集長に就任する事が決定すると、
彼女に誘われて編集者の仕事に戻る事を決意し、
以後、8つ年下の天才編集者、アナが頼りにする"右腕"的なスタッフとして長く活躍。
 
 
 

2016年にVOGUEディレクター職から離れる

 
アナと共に四半世紀に渡ってAMERICAN VOGUEを率いたのち、
2016年初頭に同雑誌のクリエイティブ・ディレクター職を退任。
 
完全に離脱したわけではなくVOGUEの仕事は継続しつつ、
それ以降は幅広く活動するようになった。
 
2021年に80歳の誕生日を迎えてからも現役バリバリで活躍。
 
 
 


 
関連人物
アナ・ウインター