MARC JACOBS(マーク・ジェイコブス)

マーク・ジェイコブスの歴史/概要


 

アメリカのニューヨーク出身の男性デザイナー、

マーク・ジェイコブス氏の名を冠したブランド。

 

1963年にアメリカ東部のニューヨークで誕生した

ジェイコブス氏は世界的な美術/デザイン系専門学校のパーソンズを経て

20代半ばの若さにて、「ペリーエリス」というブランドのデザイナーに抜擢される。

 

その後、1990年代前半には自身のブランドを設立し、

地元開催のNYコレクションに参加し始め、

創立してすぐに世界的なブランドにまで成長する。

 

そんな若き天才デザイナーは、

フランスの超高級鞄系ブランド・ルイヴィトンが

1990年代後半に高級既製服(プレタポルテ)事業に進出するにあたって

白羽の矢が立ち、自分のブランドを手掛けながら

ルイヴィトンのアーティスティック・ディレクターにも就任。

 

 

そして、1990年代終盤からパリコレクションの・プレタポルテ部門に参加し始め、NYとフランスを行き来する生活が始まった。

 

 

2000年代に入ると自身のブランドのセカンドラインにあたる

「MARC by MARC JOCOBS」というブランドもルック社を通じて日本で人気に。

 

また、ルイヴィトンにおいては日本人アーティストの

村上隆氏と様々な協業を行った事も話題となった。

 

そして、世界最高ランクのデザイナーとして扱われるようになった

ジェイコブス氏であったが、NYにおける自身の活動に専念するため、

2013年にルイヴィトンを離れたほか、

セカンドラインのMARC BY MARC JACOBSも廃止された。

 

 

 

 

 

 

マークジェイコブスの顧客年齢層/ターゲット年齢層


 

 

日本ではパリ系のバッグブランドに匹敵するくらい、

若い女性層の間でバッグの人気が高い事で知られる。

 

 

インスタグラムで

マークジェイコブス顧客年齢層の傾向を知りたい場合はこちら。

「#マークジェイコブス」

20代・30代あたりの女性アカウントからの投稿が多く、

バッグや財布の人気が際立って高いようです。

 

 

海外での年齢層傾向を知りたいならアルファベットでハッシュタグ検索。

「#marcjacobs」

 

 

 

 

 

 

 

 

マークジェイコブスの主要商品価格帯


 

 

  • バッグ類=5万円から10万円
  • 財布=2万円前後
  • 靴=5万円前後
  • 腕時計=3-5万円
  • 衣料品=3-10万円くらいが中心

 

 

バッグ類はパリ系高級ブランドと比べて明らかに安く、

それが若い女性からの人気の一因になっているようです。

 

世界的なブランドながら衣料分野もかなり低価格。