アナスイ(ANNA SUI)

ANNA SUIの歴史・概要

 

 

デザイナー=アナスイ(年齢/生年月日不詳)

中国系アメリカ人。

自動車の街・デトロイト出身。

 

NYのパーソンズという名門ファッション系学校を卒業し、

スティーヴン・マイゼルという世界的カメラマンのスタイリストとして働く。

 

その後、自身の名を冠したブランドを設立し

1990年代初頭から世界4大コレクションの一つである

ニューヨークコレクションに参加しはじめる。

 

NYコレクションにはナオミ・キャンベルをはじめとして

世界的なモデルがたくさん登場し、

1990年代半ばにスーパーモデルブームが起きた中で

ショーを通じてANNA SUIブランドの認知度は一気に向上した。

 

日本ではスーパーモデルブーム期終盤の1996年から伊勢丹が事業展開を行い、

香水や小物・コスメ関連商品が若い女性層の間で大ヒット。

またライセンスブランド商品も大ヒットしてきた。

 

ブランドのイメージカラーは紫。

 

 

 

[補足]

ニュースによると医療分野の売り上げ不振などにより、

2020年3月期をもって本国アナスイ社と伊勢丹の契約が終了。

 

 

 

 

 

 

アナスイの価格帯


 

 

オンラインショップ参考

 

 

 

[衣料品]

  • ワンピース/ドレス=10万円前後
  • トップス~1-5万円
  • ボトムス=5万円前後

 

 

[その他]

  • バッグ=1-3万円
  • 香水=サイズによる(ミニ香水は超低格)
  • コスメ=単価500円から5000円くらい

 

 

衣料よりバッグのほうが高いブランドが多い中、

こちらのブランドはバッグを安く手に入れられる。

 

 

 

アナスイの顧客年齢層/ブランド


 

 

ショーに登場するモデルの年齢層と同じく、

20代を中心に10代後半からアラサー世代あたりの間で各商品が人気。

 

 

 

アナスイというブランド名の由来


 

 

アナスイとは

「ANNA SUI」

をカタカナ表記したもの。

なので「アナ・スイ」という表記のほうが正しい。

昔はアンナスイと表記する日本のメディアも存在した。

 

これはデザイナー・創業者のフルネームをそのままブランド名にしたもの。

 

 

 

 

 

 

アナスイ豆知識

 

 

 

  • 2000年代に世界的なモデルとして活躍していた現女優の杏(渡辺謙の娘)は、アナスイ氏のお気に入りモデル。NYコレクションのショーには毎回のように出演していた。
  • 日本のデザイナーで言うと、山本寛斎などと交流がある。
  • 乃木坂46の齋藤飛鳥は、2010年代半ばにアナスイの広告モデル(アジア圏)に抜擢された事がある。

 

 

 

 

 

ショー映像

 

Anna Sui Spring 2020 Runway