VIVIENNE TAM(ヴィヴィアン・タム)

VIVIENNE TAMの歴史


 

 

中国南東部の広東省で生まれた中国人女性・ヴィヴィアン・タムは、

広東省付近の香港で育ったのち、1981年に渡米。

そして、EAST WIND CODEという会社を設立。

翌1982年には初めてコレクション発表をする。

 

1990年には自身の名を冠した

「VIVIENNE TAM」

というブランドを設立し、中国文化を取り入れた作品が高い評価を受ける。

 

2000年代に入ると、NYを代表するブランドの一つにまで成長し、

NYコレクションのショーにはたくさんの業界関係者が駆け付けるほどの存在に。

 

2013年春には、日本で開催される東京コレクションにゲスト参加。

 

 

日本でのブランド展開元は

マツオインターナショナル株式会社。

国内では大手百貨店内に出店している。

 

 

 

https://www.viviennetam.jp/

 

 

 

VIVIENNE TAMの商品価格帯


 

日本向け通販サイト参考。

2020年時点。

 

 

  • ワンピース=5万円から10万円
  • トップス=2万円から5万円
  • ボトムス=2万円から5万円
  • アウター=5万円から10万円
  • バッグ=1万円から5万円

 

世界的なブランドながら、そんな高額ではなくセール時期はだいぶ安く買える。

 

 

 

 

VIVIENNE TAMの顧客年齢層/ターゲット


 

 

インスタグラムで

「#ヴィヴィアンタム」

を検索。

 

コレクションブランドながらそんなに価格が高くないため、

幅広い世代の自撮り写真が見つかります。

 

 

 

[メディアでの衣装着用者例]

  • 小川彩佳(フリーアナウンサー/1985年生まれ)
  • 笛木優子(女優/1979年生まれ)
  • 真琴つばさ
  • 西田ひかる(タレント/1972年生まれ)
  • 堀田茜(モデル/1992年生まれ)
  • 川田裕美(フリーアナウンサー/1983年生まれ)
  • 遼河はるひ(1976年生まれ)
  • 向井亜紀(1964年生まれ)
  • マルシア(1969年生まれ)

 

 

20代から50代くらいまで幅広い世代の人物に衣装提供しており、

着用者の身長もバラバラ。

 

 

総合的には、

20代から50代あたりまで幅広い世代をターゲットにしているようです。

 

 

 

 

関連ブランド/同じ系統のブランド