週刊 社会保障

株式会社法研による、社会保障系の週刊誌。

 

 

 

基本情報/定期購読案内

 


Fujisan.co.jp:週刊社会保障

株式会社法研

毎月1日発売

発行部数=HPには媒体資料なし

広告料金=HPには媒体資料なし

1947年創刊

 

【Fujisan.co.jp説明文】

高齢者の増加などを背景に増高を続ける医療費。

制度の維持可能性を模索する年金制度。

21世紀に入り、少子高齢社会は一層進展し、経済の低成長化における社会保障制度は、労働市場や金融市場にも大きな影響を与えるまでに至っています。

今後の社会を支える医療・年金・介護・福祉等の各制度は、国民の安心を確保するために抜本的な改革が迫られています。

こうした動向は、医療保険や企業年金制度の運営には欠かすことができません。

必要な情報を迅速に、正確・詳細にお届けします。

 

 

 

【出版社サイトでの説明】

社会保障ジャーナリズムの最先端を走り続ける斯界唯一の週刊専門誌。

厚生行政に関する情報を幅広く取り扱い、医療保険、

企業年金関係者、行政担当者、研究者必読の雑誌となっています。

 

 

 

 

 


基本的な誌面構成

 

 

  • 特集
  • 時事評論
  • 週刊ニュース
  • クローズアップ
  • 週間展望
  • トピック
  • 時鐘
  • 論壇
  • 録音室
  • 資料室
  • この一冊
  • ひろば
  • DATA ROOM
  • 編集部から

 

 

週刊誌なので、速報性の高い記事中心のようです。

最新の目次情報はFujisanなどでご確認ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


週刊社会保障 過去のバックナンバーの主な特集内容

 

 

 

どんな内容の雑誌か知りたいかた向け。

 

介護納付金の総報酬割は29年8月から段階的に導入

後発品数量シェア80%は平成32年9月までに達成

薬価制度改革の確実な実行や定額負担の仕組み是正を提案

平成29年度から支部間のインセンティブ制度を試行

介護納付金の総報酬割導入や「介護医療院」の創設を明記

改定の基本方針や任継制度、高齢者医療等を検討課題に

高齢者医療の負担構造改革や 実効ある医療費適正化対策を

保険者と連携して健康経営に取り組む企業は138社

消費増税の動向に関わらず 高齢者医療費の負担構造改革を

公費投入の拡大等により 現役が納得できる制度を

出生数は5年ぶりに増加。合計特殊出生率は1.46に

マクロ経済スライドの調整に「キャリーオーバー」を導入

2025年の医療提供体制構築に向けた重要な年に

医療機能の分化・強化、連携や地域包括ケアを重点課題に

高齢者支援金の加算・減算で保険者のインセンティブを強化

26年度の現年度納付率は 63.1%で3年連続の上昇

高齢者医療制度の検討や 円滑化補助金の確保等を附帯決議

後期支援金加減算制度を見直し アウトカム指標に基づく配分を

年金給付水準調整の先送り回避が重要との認識を共有

地域医療介護総合確保基金で施設整備・人材確保を支援

積極的支援終了で医療費は翌年度最大7550円抑制

スピード感ある改革と国民合意の形成を両立

28年度までに支出目標を設定し医療費適正化計画の見直しを

「推進枠」でデータヘルスやレセプト受付集約事業を要望

平成25年度の現年度納付率は60.9%で2年連続の上昇

 

 

毎回2つくらいの特集が組まれる傾向。

特集内容はかなり幅広く、週刊誌なので時事ネタが中心。