季刊 教育法

 

株式会社エイデル研究所による、教育に関する法律の情報誌。

 

 

 

基本情報/定期購読案内

 


Fujisan.co.jp:季刊 教育法

株式会社エイデル研究所

季刊(3月・6月・9月・12月)

発行部数=HPに媒体資料なし

広告料金=HPに媒体資料なし

1983年創刊

 

発行部数不明ながら、Fujisanの売上ランキングにて相当会であるほか、

レアなジャンルの雑誌なので、そんなに部数自は高くなさそうな雑誌。

 

 

 

【Fujisan.co.jp説明文】

教育法、教育問題解明の総合論壇誌。

 

 

【出版社サイトでの内容説明】

本誌は教育に関する法律を軸に、現在教育現場で起こっている様々な問題を取り上げ、解説や検討を行う学術誌です。

学術誌ではありますが、教育・法律研究者のみならず、教職員、学校・行政関係者そして保護者の方々に手に取っていただきたい1冊です。

 

 

 

 


季刊教育法 過去のバックナンバーの主な特集内容

 

 

どんな内容の雑誌か知りたいかた向け。

 

  • ブラック部活
  • 「いじめ防止対策推進法」の現状と課題を見つめなおす
  • 教育と福祉のゆくえ
  • チームとしての学校づくりと学校事務職員の役割
  • 学校における熱中症事故と法的問題
  • 学校給食と食物アレルギー事故
  • 道徳の教科化がもたらすもの
  • 学校におけるセクシュアル・ハラスメントの実態と課題
  • 子どもの権利条約20年の成果と課題
  • コミュニティ・スクールと学校のガバナンス
  • どうなる? 教育委員会制度
  • 地方公務員災害補償基金制度と教職員の働き方
  • 追いつめられた教師が保護者を訴える時(いま)
  • カラーリングあふれる時代の頭髪指導
  • 学校近隣トラブルをどう解決するか
  • 新人・若手教師への支援のあり方
  • なぜ学校はいじめにうまく対応できないか
  • 教育委員会の廃止・存続を問う
  • 教員の資質向上策を考える
  • 君が代訴訟・大阪府条例をどう見るか
  • 地震・津波災害への危機対応
  • 武道必修化―柔道指導の留意点と安全対策
  • 学校現場におけるハラスメント
  • 少人数学級制実現に向けての課題
  • 学校と保護者の良い関係づくり
  • 6年制教員養成―議論の焦点
  • 学校保健安全法の意義と活かし方
  • 新学習指導要領の方向性
  • 教育基本法改正の本質は何か
  • ゆとり教育で学力は低下したか
  • 社会教育法の現代的意義