季刊 労働法

株式会社労働開発研究会による、労働法、労働問題に関する論文誌。

 

 

 

基本情報/定期購読案内

 


Fujisan.co.jp:労働法

株式会社労働開発研究会

季刊(3月・6月・9月・12月)

発行部数=HPに媒体資料なし

広告料金=HPに媒体資料なし

1951年創刊

 

 

【Fujisan.co.jp説明文】

「季刊 労働法」は、昭和26年創刊以来、労働法・労働問題のオピニオン・リーダーとして今日的課題に取り組み、多くの研究者や実務家、学校関係者の方々に愛読されてまいりました。

毎号の特集では、法改正や労働問題の現状・課題、海外の労働事情等について、公労使の立場から著名な先生方が鋭い切り口で問題点に迫ります。

また、アップデートな判例解説も毎号取り上げます。

この1冊で今日必要不可欠な労働法を網羅しておりますので、より深い知識、更なる理解のための1冊として、法律専門家から実務家の方までおすすめです。

 

 

 

 

【出版社サイトでの説明】

法改正、労働問題の現状・課題、海外の労働事情。

労・使・公のたちが空著名な先生方が、鋭い切り口で問題点に迫ります。

 

 

 

 

 


基本的な誌面構成

 

 

  • 巻頭特集
  • △第2特集
  • 論説
  • 研究論文
  • 労働法の立法学
  • 判例研究
  • 書評
  • 重要労働判例解説

 

など。

 

特集は一つだけの場合と2つある場合があり。

 

 

 

 


過去のバックナンバーの主な特集内容

 

 

どんな内容の雑誌か知りたいかた向け。

 

  • 戦後労使関係法制の比較法研究―1950年を切り口に
  • 同一労働同一賃金の展望
  • 低成果労働者の人事処遇をめぐる諸問題
  • 最低賃金制度のゆくえ
  • 学生の就労をめぐる法的課題
  • 制度発足70年・労働委員会制度を考える
  • 問題提起・LGBTと労働法
  • 改正労働安全衛生法と実務
  • 児童労働の廃絶に向けて
  • 女性・限定正社員と人材活用
  • 多様な働き方の拡大と円滑な労働移動
  • 近時の立法・改正法令の検討課題
  • アベノミクスの労働政策を点検する
  • 労働法の教育と学習を考える
  • 障害者雇用法制の新展開
  • 解雇・退職等をめぐる最近の動向
  • 改正労働契約法の残された課題
  • 再就職支援事業に対する法規制の国際比較
  • 有期と派遣の新しい法制度
  • 職場いじめ規制のあり方とは
  • 有期・パート・派遣法制の基本的視座
  • 雇用・就労分野における障害者差別禁止法制の展開と課題
  • 労働法のエンフォースメントを考える
  • 雇用保険制度改革と求職者支援制度
  • これからの有期・派遣・請負

 

同じような特集のローテーションではなく、だいぶ幅広い特集内容。