月刊OHM(オーム)

株式会社オーム社による、電気技術者のための環境・エネルギー系雑誌。

1914年創刊で、2014年で100周年を迎えた伝統ある雑誌。

 

 

 

基本情報/発売日/媒体資料情報/定期購読案内

 


Fujisan.co.jp:OHM

株式会社オーム社

毎月5日

発行部数=1.5万部(2017年)

広告料金=6.5万円から40万円(2017年時点のHP資料情報)

 1914年(大正3年)創刊

 

 

【Fujisan.co.jp説明文】

「OHM」は技術の総合誌です。

環境とエネルギーを機軸に、次世代技術の最前線を解説します。

  1. エネルギー・電力
  2. 環境・安全
  3. 情報通信
  4. ナノテク・材料科学
  5. 教育・知財

の5つのキーテーマを毎号追いかけ、

その最新動向とビジネスチャンス情報を提供します。

技術士、電験一・二種の技術ライセンス情報と必要知識を解説します。

 

 

 

【出版社サイトでの説明】

電気設備の開発・保守管理技術、電力システムやエネルギー政策、新エネルギー・省エネルギー技術など、電気とエネルギーに関わる技術者のための技術総合誌。

 

 

【読者の業種構成】

  • 製造業 34%
  • エネルギー関係 18%
  • 設計・建設・工事 14%
  • 官公庁・大学・研究所 13%
  • 運輸 9%
  • 工場・ビル管理 6%

 

 

【購読方法】

  • 会社定期購読 48%
  • 個人定期購読 35%
  • 会社不定期購読 8%
  • 個人不定期購読 5%
  • その他 1%

 

 

 

 

 

 


OHM 過去のバックナンバーの主な特集内容

 

 

どんな内容の雑誌か知りたいかた向け。

 

 

  • 雷と情報通信
  • モータの軽薄短小省エネ技術
  • 実は年々進化している! 軸受の最新動向
  • 電気機器・機械の騒音・振動対策
  • VRとAR
  • ガス小売全面自由化
  • 最新「画像技術」
  • 安全とは何か―安全規格とリスク低減
  • 高電圧技術
  • 海洋温度差発電
  • 雷害対策用試験装置とシミュレーション技術
  • クルマの標準化
  • ICTと地球環境
  • 世界を変えるか!? 大容量キャパシタ~その現状と可能性
  • 電力回生技術
  • 電力システム改革
  • 配線用遮断器と漏電遮断器
  • 海外における電気鉄道技術
  • ヒートポンプ
  • 宇宙開発技術の利用
  • 原子力発電の現状と安全確保
  • ワイヤレス給電技術の実用化
  • 電力設備における絶縁診断技術の動向
  • 蓄電池の利活用
  • 分散型電源の導入と系統連系
  • バイオミメティクス-生物多様性に学ぶ技術革新
  • 新幹線を支える電気技術
  • 創刊100周年 -社会とともに歩んだ100年
  • スマートメーターとデマンドレスポンス
  • 電気設備の災害対策
  • 最新 雷害対策
  • CCS―二酸化炭素(CO2)回収・貯留技術
  • スマート社会実現に向けて

 

 

 

 

 

 


OHMの購読者口コミ・評判

 

 

  • 技術士試験対策に活用している
  • 電気業界の動向がわかる
  • 重宝している
  • 勉強になる