森林科学

一般社団法人 日本森林学会による、年3回発行の雑誌

 

 

 

基本情報/定期購読案内

 


Fujisan.co.jp:森林科学

日本森林学会

年3回(2月・6月・10月)

発行部数=

広告料金=

 

 

【Fujisan.co.jp説明文】

森林科学は、森林に関連する最新の研究や話題を分りやすく知ってもらうために日本森林学会が刊行している広報誌です。

2005年43号にリニューアルし、ますます読みやすく、わかりやすいものにしました。

樹木だけでなく、動物や昆虫、菌類などの様々な生物に関する研究から森林の役割や管理・利用方法に関する研究に至る多方面からとらえた研究の紹介など、「21世紀は森の時代」というにふさわしい幅広いトピックスを掲載しています。

一つのキーワードでつながる様々な研究をラインアップした特集も読みごたえ十分。

森林科学は、森林をめぐるいろいろをもっとよく知りたい方のための情報誌です。

 

 

 

【協会サイトでの内容説明】

森林科学に関わる様々な情報を掲載。

 

 

 

 

 

 

 

過去のバックナンバーの主な特集内容

 

 

どんな内容の雑誌か知りたいかた向け。

 

  • シカによる影響を低減するための最新知見と課題
  • 林業労働者のいま
  • 森林土壌―国際土壌年2015を記念して―
  • 樹木と森林(もり)の病気を科学する-樹木病害研究の最前線-
  • 森林と流域
  • リモートセンシングでバイオマスを測る
  • 花粉症研究最前線
  • 原発事故と福島の森林再生
  • 森林学会100年間の研究を振り返る
  • 美しい日本の桜を未来に伝える―系統保全の現状と新展開―
  • 津波と海岸林
  • 樹木の根
  • ブナ林の衰退―丹沢山地で起きていること―
  • 森を歩く
  • 森林の生物多様性
  • 遺伝子から読み解く森林
  • 深刻化するシカ問題―各地の報告から―
  • クマ出没の生物学
  • 地震と山地災害

 

 

ある程度易しい内容で、幅広い人たちを対象にしているようです。