環境会議

 

株式会社宣伝会議による、年2回発行の環境系の専門誌。

 

 

 

基本情報/媒体資料情報/定期購読案内

 


Fujisan.co.jp:環境会議

株式会社宣伝会議

年2回(3月と9月)

発行部数=5万部(2017年)

広告料金=15万円から130万円(2017年)

姉妹誌=人間会議(6月/12月発行)

ページ数=約300ページ

 

 

 

【Fujisan.co.jp説明文】

これからの環境を読者と共に考える雑誌。水・緑・大気・大地などをメインテーマとして、あらゆる角度から環境テーマに関する現状や将来の見通し、環境保全の取り組みなどの情報を提供。

 

 

【編集領域】

  • 環境と経営
  • 環境教育
  • コミュニケーション
  • NPO
  • 政府
  • 自治体

 

 

【読者の職種データ】

企業人 32%

官公庁・自治体職員 22%

教員 18%

主婦 15%

研究者・学生 8%

協会・団体 5%

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


環境会議 過去のバックナンバーの主な特集内容

 

 

どんな内容の雑誌か知りたいかた向け。

 

 

  • 自然と人の関わり方を再考する
  • 環境と観光で実現する インバウンド・ジャパン
  • 生物多様性と人類の未来
  • 2025年の水問題を考える
  • 資源を活かした 地域活性化
  • 和魂洋才 日本人の自然観
  • 岐路に立つ日本の食の未来
  • 環境配慮が老舗をつくる
  • 都市のランドスケープ構想-緑と水辺からまちはよみがえる
  • くらしの基盤・家庭から考えるこれからのエネルギー
  • 荒れる気象、予測と対策・世界の気候に何が起きているのか
  • 森を歩き、木を使う――産官学民 みんなで育む日本の森
  • 健康も経済も活性化! 環境配慮の衣・食・住
  • 本当に実現できるのか? 25%削減のシナリオを検証する
  • 環境施策の次なるステージ。 生物多様性の叡智を活かす
  • 家庭も職場も経費削減 生活防衛と環境のための緊急対策
  • 難しいテーマを分かりやすく伝える 好感を生み出すキャラクター
  • 今から準備しないと間に合わない 生物多様性は企業の生命線
  • 自然と社会と人間のバランス再構築
  • 動くことの大切さ――少しの力が流れを変える
  • 世界の環境は「いま」動く -異常気象、生物、自然、エネルギー 「不都合な真実」からの警鐘