季刊 BIOCITY

環境から地域創造を考える総合誌

 

 

 

基本情報/定期購読案内

 


Fujisan.co.jp:BIOCITY(ビオシティ)

株式会社ブックエンド

季刊(1月・4月・7月・10月の7日発売)

発行部数=HPに媒体資料なし

広告料金=HPに媒体資料なし

1994年創刊

 

レアなジャンルでFujisanやAmazonでほとんど評価が寄せられていないため、そんなに部数が高い雑誌ではないようです。

 

 

【Fujisan.co.jp説明文】

環境から地域創造を考える総合誌。

BIOCITYは、生命がすこやかに息づく「生命都市(Bio City)の時代」を未来像に据え、持続可能な循環型社会の可能性を求めて1994年に創刊されました。

以来2010年まで、最先端の研究やプロジェクト、人材を国内外から紹介、自然のシステムを活かしたエコロジカル・デザインを探求してきました。

 

2011年、東北を襲った大震災と原発事故という未曾有の危機に際し、あらゆる価値観が変化しつつある中、本誌も48号を境にリニューアル。

再生可能エネルギー、コミュニティデザイン、エコロジー建築、ランドスケープ、生物多様性、環境教育など、様々な分野の実践的な取り組みや研究、言説を紹介しております。

 

 

 

 


基本的な誌面構成

 

 

  • 特集・・・この特集で毎号70ページ以上
  • 連載
  • ミニ連載
  • 海外取材

 

基本的なコンセプト内でのワンテーマ雑誌的なので、

定期購読はもちろん、単品購入にも向いた雑誌。

 

 

 


BIOCITY 過去のバックナンバーの主な特集内容

 

 

どんな内容の雑誌か知りたいかた向け。

 

  • 生誕150周年記念。南方熊楠と熊野の自然
  • パブリックインタレストデザインの現場
  • 健康寿命を中心にすえたまちづくり
  • コミュニティデザインの源流
  • 地球にちょうどいい生きかたの指標
  • 災害とジェンダー
  • 持続可能な未来のための人づくり
  • 対馬モデルへ
  • 消えた熱帯林とプランテーション
  • 減災のためのエコロジカルデザイン
  • 市民による市民のためのデザイン
  • 進化する動物園 自然と調和した社会をめざして
  • 災害とコミュニティデザイン
  • 未来へつなぐ レジリエンス・デザイン

 

 

2011年のリニューアル以降の主な特集。

特集内容はかなり幅広い。