digital-zasshi.jp
(ファッション誌/専門誌情報)
 
[ファッション誌系メニュー]

 

 
 
【人気ページ】
パリコレ系ブランド公式Instagramフォロワー数ランキング
(各ブランドのランク/格がはっきりと表れた興味深いデータ)
2020年度・高級ブランド人気世界ランキング
(1位はシャネル。意外なブランドがTOP10入りしており要注目)
ミラノ/イタリア系ブランドの公式Instagramフォロワー数ランキング
(1位はGUCCI・2位はPRADA・3位はDOLCE&GABBANA)
 

 

COS(コス)

 

COSの概要

 
英国のロンドンを拠点とする
2007年に立ち上げられたH&Mグループのブランド。
同年、ロンドンに1号店がオープン。
 
その後、少しずつ海外展開がスタートしていき、2014年に日本進出。
大都市に路面店あり。
 
2017年時点で全世界約200店舗。
 
 
ニュース記事によれば、
公式サイトの通販機能はなかったものの、
2020年春にオンラインストアがオープン。
 
 
 
[コンセプト]
モダンで機能性が高い、研ぎ澄まされたデザインの商品を提供。
 
 
 
 
 
 
 

COSというブランド名の由来

 
コス(COS)というブランド名は、
 
Collection Of Style
(コレクション・オブ・スタイル)
の頭文字をとったもの。
 
 
 
 

COSの商品価格帯情報

 
ニュース記事参考。
 
 

  • トップス=2300円から1万6000円
  • ワンピース・ドレス=6500円から5万円
  • ボトムス(メンズ)=8000円から1万6000円・・・・スカートは6500円から
  • バッグ=3500円から2万8000円
  • ブレザー・ジャケット=2万5000円から3万円

 
 
かなり価格差が激しいようです。
高いものは5万円するものの、安いものは3000円から6000円くらい。
 
H&Mより安くはないものの、ある程度安く手に入れられるものもあり。
 
 
ソース
https://www.ryutsuu.biz/backnumber/strategy/g111221.html
https://www.ryutsuu.biz/backnumber/strategy/g111221.html
 
 
 
 
 

COSの顧客年齢層/ターゲット

 
1号店のオープンに関するニュース参考。
 
 
平均年齢=35歳くらい
顧客層=20歳から65歳くらいまで幅広い
 
 
ソース
https://www.wwdjapan.com/articles/196824
https://www.wwdjapan.com/articles/196824
 
 
 

COS愛用の有名人

 
 
公式SNSの私服紹介など参考
 
 

  • 新木優子(1993年生まれ)

 
 

 
 
 
 
 
 

 

 

 
 
[英国(ロンドン)系高級ブランド]

Ashley Williams

カラフル/ハイストリート系のレディースブランド

BIANCA SAUNDERS

アヴァンギャルド/ストリート系のメンズブランド

BURBERRY

英国を代表する世界的な高級ブランド

COS

H&M系のハイエンドライン/価格安い

Craig Green

アヴァンギャルドな作風のメンズブランド

dunhill london

フォーマル系だけでなくカジュアル商品も扱う

Erdem

ノスタルジックな雰囲気のロングドレスが中心/高価格

HOUSE OF HOLLAND

派手でカラフルな作風/価格帯安い

JWアンダーソン

中性的な雰囲気の作品作りが特徴

Vivienne Westwood

パンクロック/アヴァンギャルド系

Molly Goddard

幻想的な作風が特徴/橋本愛が好きなブランドとして有名

Simone Rocha

幻想的/ノスタルジックな雰囲気のレディースブランド

TOGA

古田泰子氏によるブランド/アヴァンギャル系/ニット商品が得意

 
 


 
[他のカテゴリ]