月刊 薬理と治療(JPT)

ライフサイエンス出版による医学原著論文投稿雑誌

 

 

 

 

JPTの基本情報/定期購読




Fujisan.co.jp:薬理と治療(JPT)

ライフサイエンス出版株式会社
毎月28日頃発売
発行部数=HPに媒体資料なし
広告料金=HPに媒体資料なし


【Fujisan.co.jp説明文】
医学原著論文投稿雑誌。

「薬理と治療」誌掲載の論文紹介をはじめ,薬物治療や臨床試験に関する研究レポート及び医薬品のプロファイルを中心とする専門誌。

 

 

 

 

 

 

どんな内容の雑誌か知りたいかた向けの、過去のバックナンバーの主な特集内容(巻頭記事など)

 

  • プラセボについて考える
  • 第16回CRCと臨床試験のあり方を考える会議2016 IN 大宮
  • CRC業務におけるパートナーシップシステムの導入とその効果
  • 健康食品の研究レビューを論文化することの大切さ
  • 医療介入のネットワーク・メタアナリシスを含むシステマティック・レビュー報告のためのPRISMA拡張声明:チェックリストおよび説明
  • 機能性表示食品制度における届出されたレビューの現状と課題
  • がん患者の悪臭にどう対応するか
  • 食品の特許審査に関する新しい運用
  • 診療情報の利用における院内体制の整備
  • Exenatideの薬理作用 -中枢作用に関連する最近の報告-
  • 2型糖尿病患者におけるダパグリフロジン長期投与の有効性と安全性
  • 透析患者処方薬に関する実態調査
  • 国立保健医療科学院 臨床研究情報ポータルサイト ―新しくなったポータルサイト利用に向けての機能紹介
  • 寒冷環境下におけるEPAの生理学的役割
  • CIAマウスの滑膜線維芽細胞における炎症性サイトカインに対するTriptolideの影響
  • ミコフェノール酸モフェチルにおける先発品と後発品との生物学的同等性
  • 中央モニタリングに関する共通ガイドライン(JCTN-モニタリングガイドライン)
  • ダパグリフロジンの安全性プロファイルの検討
  • ラット便秘モデルに対する潤腸湯の効果と作用機序の解明
  • 食品の新たな機能性表示制度で求められるエビデンスのあり方
  • マウスIgE介在性三相性皮膚反応の耳介腫脹に対するGlycyrrhetinic acidの効果