月刊 臨床獣医

緑書房による、牛を中心とした産業動物の獣医師向け臨床総合誌。

 

 

 

 

基本情報/定期購読




Fujisan.co.jp:臨床獣医

株式会社緑書房
毎月1日発売
発行部数=媒体資料に部数情報なし
広告料金=媒体資料に料金表記なし



【Fujisan.co.jp説明文】
“プロダクション・メディスン”をキーワードに、日本の地域特性を生かした

生産獣医療を軸として国内外の最新臨床技術および獣医畜産業界の情報をお届けします。

需要の高い乳牛に関する記事はもちろんのこと、肥育牛、豚、馬、鶏などの最新情報も幅広く提供する、

臨床現場の第一線で活躍する産業動物獣医師のための臨床総合誌です。

 

 

 

どんな内容の雑誌か知りたいかた向けの、過去のバックナンバーの主な特集内容

  • 胃腸内細菌叢を整える
  • 家畜における薬剤耐性菌の現状と課題
  • 乳房炎予防・診断・治療の現状と展望
  • 牛の疼痛コントロール
  • 牛におけるベンチマーキングへの取り組み
  • OPU-IVFによる効率的な胚の生産
  • 牛コクシジウム症対策の新情報
  • 座談会 子牛の下痢症を考える
  • 牛白血病ウイルス感染症の効果的な対策とは
  • 産業動物獣医療の未来に向けて
  • ハイポテンシャルな肉用素牛を生産する
  • 馬臨床のハウツー
  • 牛の輸液療法の過去,現在,未来
  • IARS異常症 ~研究と臨床の現場からみる遺伝性疾患~
  • 粗飼料を上手に給与する
  • 牛の感染症の対策・防除を考える
  • 産業動物への再生医療の可能性と課題

 

表紙はほとんど、人間の食産業に大きく関わる(肉として乳製品として)牛がほとんど。

まれに馬が表紙になるといった具合で、ほぼ牛専門系のようです。

特集内容も牛関係の特集ばかり。

 

 

 

 

臨床獣医の主なレビュー(口コミ)

 

 

 

  • 基礎から応用まで幅広く扱ってくれていて、日常診療に役立つ。
  • 最新動向がわかる