Feroux

Ferouxの概要/コンセプト


 

 

 

大手アパレルメーカー・

オンワード樫山(オンワードHD)の若い女性向けブランド。

 

オンワードは百貨店メーカーながら、

このブランドに関しては極めて低価格で全国のイオンモールなどが主な出店先。

単価5000円から1万円くらいの商品が中心。

 

ボトムに関しては、パンツ商品ではなく

スカート商品を専門的に展開。

 

 

 

ブランドコンセプト(2019年時点)

「Sweet Elegance Days」

 

 

ブランド説明(公式サイトより)

女の子のこころをくすぐる エレガントでスウィートなアイテムに

時代感をプラスしたフェルゥの 「きらめきワードローブ」を提案。

 

 

【主な掲載雑誌】

  • 赤文字系雑誌
  • mamaGIRL

 

 

 

 

Ferouxというブランド名の由来


 

 

ブランドの公式Facebookに情報があり。

 

それによると、

「fe + roux」からなる造語。

 

  • Fe=「フェミニン(feminine)」=女らしい
  • roux=フランス語で「通り(street)」「街」または「まろやか」という意味の"rue"

 

欧州の街にいるような可愛らしい女性、

をイメージして、このブランド名になったそうです。

 

 

 

 

Ferouxの顧客年齢層/ターゲット


 

 

18歳から25歳が基本ターゲットとされる赤文字系雑誌によく掲載されるほか、

価格帯が安くてアルバイト中の大学生でも気軽に買える価格帯で

ある事を考慮すると、大学生含めた20代前半(独身)あたりがメインターゲットとと思われます。

公式通販サイトで商品を着用している女性も20代前半あたり。

 

 

また、「mamaGIRL」という雑誌にも掲載されているという意味では、

独身層だけでなく、若い既婚者やママもターゲット範囲のようです。

 

 

インスタで私服として着用している人の写真をチェック

https://www.instagram.com/explore/tags/feroux/