建売住宅と注文住宅

戸建て住宅に関連する類似ワード。

 

 

建売住宅と注文住宅の基本的な違い


 

 

建売住宅とは、

分譲地において建物と住宅がセットで販売される住宅の事を指す。

 

分譲地内において

  • 同時期に
  • 同じ業者が
  • 同じ工法で
  • 同じ建材で
  • 同じような住宅

をたくさん建てる場合、

オリジナリティーは欠けるもの安上がりで家が建てられる(買える)のが特徴。

英訳は「House for sale」。

 

 

 

それに対して、注文住宅は

まず家を建てたい人が先に土地だけ購入し、

その後、業者に依頼して(注文して)造る家の事。

翻訳すると「custum housing」。

 

 

 

建売住宅と注文住宅の違い・特徴比較


  建売住宅 注文住宅
コスト

 

〇安い

 

×高い 

 

業者(大工)

の選択

 

×不可

自分達で

色々と決められる

オリジナリティ ×なし

 

〇高い

 

お金をかけるほど

高まる。

 

 

購入してから

入居まで

 

進捗状況次第では

すぐ入居できる

入居まで時間かかる

 

 

ご近所トラブル

 

 

分譲地内の

すぐそばに家が

たくさんあると

置きやすい

 

広い土地の中や

郊外エリアに建てれば

トラブルと無関係

 

 

狭い場合が大半

 

先に購入した

土地次第では無限

 

 

 

満足度

 

 

妥協しなければ

ならない部分あり

総工費は高いが

満足度高いものができる。