分譲賃貸マンションとは?

 

 

希少な分譲賃貸マンションと一般的な賃貸マンションの違い。

 

 

分譲マンション/分譲賃貸マンションの意味


 

 

特定の売り主が、

1棟の中の各戸を不特定多数の人に対して売りに出している

マンションの事を「分譲マンション」という。

(英語で言うとコンドミニアム[condominium]になる)

 

 

その購入されたマンションの中の一室を

何らかの事情により貸し出しているのが

「分譲賃貸物件(分譲賃貸マンション)」

にあたる。

 

例えば、一戸建ての分譲住宅を購入した人が、

完全な移住により住んでいた家を継続的に貸し出したり

転勤などにより一時的に貸し出すのと同じ事。

 

 

google翻訳によると

「分譲賃貸」の英訳は

"condominium rental"になる。

 

 

 

 

 

一般的な賃貸マンション


 

 

それに対して、売り出し用ではなく、

貸し出し用の建てられたのが、

賃貸マンション市場の大半を占めるもの。

 

居住者が長く住む事を想定して造られていないため

壁の薄いワンルームをはじめとして、

人が住むために必要最低限のものだけを揃えた低コストな建物もあり。

 

 

 

分譲賃貸マンションの特徴・強み


 

 

低コストで建てられた賃貸マンションとは対照的に、

売りに出すマンションとは居住者が購入してから長きに渡って居住するため、

設備が悪いとなかなか売れないため、設備が充実している。

 

例えば、多額の金をかけて造られた一戸建ての豪邸に

体験居住しているようなもので、

家賃を払う事により豪華な環境の中で生活をおくれるのが人気の秘訣。